Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アンストッパブル

WOWOWにて鑑賞。

アンストッパブル [DVD]アンストッパブル [DVD]
(2012/09/05)
デンゼル・ワシントン、クリス・パイン 他

商品詳細を見る


操車場から、人為的ミス等が重なって貨物列車が運転手も車掌も不在なまま無人で暴走を始める。しかもその積荷は有毒物質発火燃料がたんまり。事故発生直後から、何度か停止を試みるも、車両はフルスピードで進み続け、このまま行くと市街地の急カーブで脱線、最悪の事態になること必至・・・。
会社側の机上の判断ミスがさらに追い打ちをかけ、どんどん事態は悪くなる一方。近隣沿線上に居合わせた機関車のベテラン&新米コンビの活躍にすべてを委ねることになる。

長年の勤務によって培われてきた機関士の技術と勘によって、新米車掌を叱咤激励もしつつ事態の制圧に命がけで努めるベテラン機関士フランクにデンゼル・ワシントン。プライベートな問題を抱え、最初はフランクに反発もする新米車掌ウィルにクリス・パイン。老若コンビ(っと言ったら、チト失礼かな(^_^;))のバランスがイイ感じでした。

こうゆう感じの役、演らせると、デンゼルさん、やっぱイイですねー。
個人的には、彼の悪役モノって言うのは、どうも苦手なので(オスカー作品だけど「トレーニング デイ」が典型)、正義の人、熱血漢、苦労人~だと、安心して観れます(爆)。

ちなみに、今作品の監督は、先日急逝したトニー・スコット。デンゼルさんとも、「クリムゾン・タイド」(これも良かった!)他、数多くコンビを組んでましたのに・・・残念デス。
スポンサーサイト
【 2012/09/17 (Mon) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)

エネミーオブU.S.A.

AXNにて鑑賞。

エネミーオブU.S.A [DVD]エネミーオブU.S.A [DVD]
(2010/08/04)
ジェーン・ウェスト、エドワード・バーンズ 他

商品詳細を見る


少し前までは”ERのレイ”の~だったかも知れませんが、今や”ニキータのマイケル”の~な、シェーン・ウェスト主演。(ちなみに、ERもレイが登場してるあたりは、もうだいぶ当初の興味が萎えてしまっていたので、私はほぼ観てません~(^_^;)ニキータのマイケルは、新バージョンとして今のところ気に入ってますが。)
でも、彼の単独主演作って、けっこうレアなんじゃ・・・。

仕事で出張中のエンジニア、マックスの元に差出人不明の小包が届く。中からは超最新版っぽい携帯電話が。そして、これまた送信者不明のメールが次々と。やれ、宿泊費サービス中だの、どこどこの株を買えだの、カジノで賭けろだの、わけのわからない指示メールが飛び込んでくるのだが、何気にその指示に従うと、危機は免れるは、大儲けはするわで、わけわかんないけど従ってちゃっかりイイ思いをしようとするマックス。(けっこうこのあたりユルくてチャライ~デス。あーぁ、いつも必要以上にコワい顔してるニキータのあのマイケルが・・・(@_@;)なんてね。(笑))
まぁでも、アヤシイ動きをしてればカジノでも当然目立ってしまうわけで、彼を狙う者も次から次へと登場。
そして徐々に明らかになる謎のメールの差出人は・・・。
NSA配下の軍事通信監視システムが、意思を持ち自分で勝手に動き始めたら~って感じのお話。
まぁ、他の大作などのアチコチ寄せ集め的な設定ではあるんですが、主役のシェーン・ウェスト以外にも、エドワード・バーンズやら、ジョナサン・プライスやら、マーティン・シーン等々、そこそこメンバー豪華デス。
で、最後にオチもあって、あらぁ、クレムリンのほうが上なのね・・・っと。(爆)
【 2012/09/17 (Mon) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)

アンノウン

WOWOWにて鑑賞。

アンノウン [DVD]アンノウン [DVD]
(2012/04/25)
リーアム・ニーソン、ダイアン・クルーガー 他

商品詳細を見る


学会出席のために妻とベルリンを訪れたハリス博士。一旦はホテルに到着するも、荷物を一つ空港に忘れたことに気付き急ぎ単身でタクシーで戻ろうとするが、途中事故に遭遇、昏睡状態のあと意識を取り戻すが、自身の記憶がかなり曖昧。やっと部分的に思い出しホテルに戻るが、そこには、全く別の男が自分を名乗り存在していて、妻さえも自分のことを他人だと・・・。事故後の曖昧な記憶もあって、自分が誰であるかの自信すらなくしかけるが~。

旅先で、妻の知らないうちに交通事故に遭って昏睡状態・・・でも、気付くまでにとりあえず数日間なのだから、その間に、全くの別人が自分として存在しそれを妻も認めていると言うのが、そもそも作為的、もしくは本人がイカれたか・・・のどちらか、ですよねー。っと、どう展開していくのかと思ったら、けっこう早い段階で、博士の命を狙ってくる者が。ってことは陰謀説なんだろうなーっと思いながら、たまたま彼が命拾いをするのに手助けしてくれた女性タクシードライバーにまた協力してもらいつつ、逃走&真相究明へと立ち向かって行くのだけど、植物博士にしては、暗殺者相手にかなり対等に闘うし、カーチェイスにしてもなかなかの凄腕。ここらで彼(リーアム・ニーソン)の「96時間」を彷彿としましたよ。あ、でもアレでは元CIA役だったんだがなぁー、今回は、かなり闘える植物学者なのか~?・・・・っとの疑問は、その後の展開、真相のタネあかしで納得デシタ。(爆)

残る疑問は、本来の自分が判明した段階で、悪人→善人(?)へ特に葛藤もなく移行しちゃったことですが・・・
ま、イイでしょう、なんせリーアム・ニーソンなんだからー。(^_^;)
【 2012/09/16 (Sun) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)

アイズ

WOWOWにて鑑賞。

アイズ [DVD]アイズ [DVD]
(2009/02/27)
ジェシカ・アルバアレッサンドロ・ニヴォラ

商品詳細を見る


ジェシカ・アルバ嬢の作品繋がりで・・・(爆)。
2002年の香港/シンガポール合作のホラー映画”the EYE”のハリウッドリメイク版。
オリジナルを観た時に、けっこうゾクっとする怖い感じが漂ってた記憶があるのだけど、もうかなり前に観たので、だいぶ忘れてた~ (((((^^;)。
たぶん、その続編 the EYE 2 も観たと思うのだけど、ソッチは怖いと言うより気色悪い感が増してたような記憶がうっすら。たしか、さらに3まで作られてると思った。
ハリウッドリメイクに際しては、当初あのトム・クルーズがリメイク権を獲得して、レニー・ゼルウィガー主演で作られる予定が、彼女の降板により、ジェシカ嬢になったらしい。監督も当初はあの”リング” の中田氏予定からの変更らしい。当初の予定どおりで製作されていたら、どんな具合だったかな・・・っともちょっと思う。
【 2009/08/30 (Sun) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)

噂のアゲメンに恋をした!

WOWOWにて鑑賞。

噂のアゲメンに恋をした! コレクターズ・エディション [DVD]噂のアゲメンに恋をした! コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/08/05)
ジェシカ・アルパデイン・クック

商品詳細を見る


そこそこハードなのを続けて観てると、軽いノリのおバカなのをたまには挟みたくなるので(笑)、また録画在庫の山の中から発掘(爆)。
子供時代の他愛もないゲーム(?)で、ちょっと迫力のあるゴスな女の子を拒否って、あろうことか”呪い”をかけられちゃった今は歯科医なチャーリー。呪いって言うのは、まともな恋が成就しないと言うか、チャーリーとつきあったその次の相手として運命の相手が現れる~っと言うもの。
チャーリーと一夜だけの付き合いをした後、それぞれの女性には運命の素敵な相手が現れ女性は幸せになれる~っと言う噂が噂を呼び、ある意味彼は超モテモテに・・・でも、要するに本命じゃないってこと(爆)。幼なじみで同じビルの隣同士で形成外科を開業してる悪友なスチュなど、この上もないくらいな話だとばかりに羨ましがるけれど、当のチャーリーには次第に空しさが募っていくばかり。
しかも、元カノの結婚式に招待されて出逢った魅力的な女性キャムに一目惚れするも、この”呪い”がある以上は恋は成就しない?そんな焦りもあって、せっかくの彼女の気持ちも傷つけてしまったり・・・。


【 2009/08/25 (Tue) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)

アレックス・ライダー

WOWOWで鑑賞。

アレックス・ライダー [DVD]アレックス・ライダー [DVD]
(2008/02/22)
ユアン・マクレガーアレックス・ペティファー

商品詳細を見る


これまたどれだけ前に録画したまま放置してたんだろう・・・って感じですが、やっと攻略^_^;
たしかこれは劇場公開当時にも、ちょっと観に行きたかったんですけどね、やはり観そびれましたし。
なんでも、元はイギリスのベストセラー小説らしく、出演者にもUKな俳優さんが揃ってます。
早い話が、なぜか”中学生”諜報員誕生!って感じなんですが・・・。

海外出張の多い銀行員の叔父と暮らす少年アレックス君。出張から叔父イアンが戻るのを待っていると、届いたのは、イアンの交通事故死の報。悲しみにくれ、住み込み家政婦ジャックに付き添われイアンを埋葬したアレックスに接触してくる組織が~。実は、イアンは銀行員ではなく、MI-6の諜報員で、もちろんただの交通事故死ではなかった。そして、組織は、任務途中で非業の死を遂げたイアンに代わって、その甥アレックスを鍛え潜入させようとする。
駅構内の証明写真のスタンドからアレックスが導かれるように案内された先が、ホグワーツではなくて(笑)地下のMI-6の秘密基地だったり、玩具みたいなスパイのアイテムが登場したりする。
【 2009/08/12 (Wed) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)

エンドゲーム 大統領最期の日

WOWOWにて鑑賞。

エンドゲーム/大統領最期の日 [DVD]エンドゲーム/大統領最期の日 [DVD]
(2008/03/14)
キューバ・グッディングJrジェームズ・ウッズ

商品詳細を見る


・・・って、いったいいつ録画したんだか~っと不明なほど、けっこう前に録ったぶんなんですが。
(それにしても、この作品のDVDパッケージ↑のコテコテなチープさって・・・そこそこな出演陣なわりになんかB級趣味~に見えません?(爆))

任期終了間際な米大統領ハーモン・ハワードが、功労賞授賞式典へ出席のため会場に到着したとたん、出迎えの群集に紛れ込んでいた犯人に狙撃される。その場で犯人も射殺されるが、長年大統領の警護にあたっていたシークレットサービスのアレックス・トーマスは、自らも手に負傷しながらも、大統領の命を救えなかったことに自責の念にさいなまれる。
そしてこの大統領暗殺の瞬間にも居合わせ、独自に犯人の取材をする女性ジャーナリスト、ケイトは事件の背景にも深く入り込んでいき、彼女の取材対象がことごとく狙われては命を落としていったりもする。さらに、アレックス・トーマスと絶妙な協力態勢で真相に踏み込んでいくのだったが・・・。

【 2009/08/10 (Mon) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)

ウエディング・クラッシャーズ

WOWOWにて鑑賞。

ウエディング・クラッシャーズ デラックス版ウエディング・クラッシャーズ デラックス版
(2006/11/02)
オーウェン・ウィルソンヴィンス・ボーン

商品詳細を見る


ともに離婚調停人を職業とし、親友でもあるジョンとジェレミー。そんな職業柄と言うか職業病(?)も影響してか、二人で一緒に全く他人の結婚式に勝手に潜り込んでは、ちゃっかりご馳走三昧になったり、踊ったり、適当にスピーチしたり、さらには出席者のなかの好みの女の子をお持ち帰り三昧~をほとんど趣味とする、けっこうとんでもない二人、タイトルどおり、結婚式荒らしってヤツですか。
そんな二人が、いつものように狙いを定めて出席した財務長官の娘(長女?)の結婚式で、ジョンは次女クレアに一目惚れ、ジェレミーは、三女グロリアにちょっかい出したが為に迫られ・・・。
こんなに次々と、全く他人の結婚式、パーティーに乱入して好き勝手・・・ってのには、あきれ返るほどの二人ですが、まぁとりあえず式を盛り上げ?特に恨まれたり迷惑かけて追い出されたり~って事態になってなかったから、趣味のように続いてたんでしょうねーーって感じ(爆)。
それがチョット事態が変わっちゃったから、さあ大変。
オーウェン・ウィルソンと、ヴィンス・ボーンのコンビがけっこう面白かったデス。
【 2009/06/07 (Sun) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)

ウィッカーマン

WOWOWにて鑑賞。

ウィッカーマン [DVD]ウィッカーマン [DVD]
(2008/01/23)
ニコラス・ケイジケイト・ビーハン

商品詳細を見る


ニコちゃんものなので、たぶんコレも劇場公開時にとりあえず観たいなーーーっと思った作品ではありました・・・・が、はっきり言って、劇場鑑賞しなくて良かった(爆)。
こうしてTV放映での録画ぶんを(しかもかなり前に録って放置していたやつを)思い出したように発掘して消化しても、もう2度目は観たくないな・・・って作品だもの。
内容も全く知らずに臨んだわけですが、だいぶ前~に作られた作品のリメイク(?)なのですね。
ホラーと言うか、カルトと言うか・・・。

白バイ警官エドワード。ある日の勤務中、職質した母娘の車にトラックが衝突炎上、咄嗟に中から少女を救出しようとするが爆発で彼自身も投げ飛ばされ負傷。
しかし、車から母娘の遺体は発見されず・・・の謎のあと、事故のショックから休職中のエドワードのもとへ、元婚約者ウィローからの手紙が届く。
彼女はエドワードと別れたあと、個人所有のある島(どうやら故郷らしい)に戻っていたが、一人娘のローワンが島で行方不明になったと。警官である彼の力を借りたいと言うのだった。
すぐに島へと向うエドワード。個人所有の島”サマーズアイル”に、なんとか物品配達用セスナに頼みこんで潜り込むエドワード。しかし、その島はともかくも奇妙。少女ローワンを必死に探す警官エドワードに誰もが非協力的。そしてやけに島民は女性ばかり。男もいるが、まったく存在感の無いに等しいくらいの男達がチラっとだけ。どうやらこの島を牛耳っているのはシスター・サマーズアイルらしく、農業と養蜂がこの島の生活手段らしい。
エドワードを呼びつけたウィロー自体も何やら秘密めいていて、娘を探してというわりには非協力的で苛立つエドワード。そのうち、実はローワンは、エドワードとの子だったと、ウィローは明かすのだったが~。
【 2009/05/25 (Mon) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)

ウインドトーカーズ

(2002年08月 劇場鑑賞ぶん:転記)

ウインドトーカーズ (ベストヒット・セレクション)ウインドトーカーズ (ベストヒット・セレクション)
(2007/11/21)
ニコラス・ケイジ

商品詳細を見る


ともかくも戦争物である。
正直言って、ニコちゃんの映画じゃなかったら、ジョン・ウー監督の作品じゃなかったら、
きっと観に行ってないだろうなぁ・・・っと言うジャンル、ワタシ的には(^^;
いまだにかの「プライベートライアン」も観てないし(たぶん観ないと思うし)
先日来WOWOWで延々放送してた「バンドオブブラザース」にしても
まるで観たいとも思えなかったわけだし~~。
(まぁ、そこに苦手な俳優さんが若干絡んでるからなおさら~ってこともあったわけだけど・・・イヤ、でも絡んでなくてもやっぱ観てないかな~。)

舞台は、第2次世界大戦後期、日米が戦ったサイパン島。
その前のガダルカナル島での戦いで、任務遂行のためにあえて撤退を拒否し
自分も負傷し部下の命も全て失ってしまったジョー・エンダーズ。
傷が完治する間もなく、また次の任務に自ら志願するほどの、根っからの海兵隊員なわけだけれど、
今回彼に極秘で与えられた使命は、暗号通信の鍵となる重要なナバホ族の通信員の護衛、さらには、万が一その通信員が敵に捕えられそうになった時には、
自ら抹殺すると言う重要でかつ非情なもの。

最初は、先の戦いでの心理的傷を背負いながらも、
任務第一、担当するナバホのベン・ヤージーと心を通わすようなことなど
任務の妨げになるし、もってのほか~な態度だったジョーだったが・・。

ニコちゃん主演と言うことで見始めたわりに、途中から微妙に視点は、ナバホのヤージーに移っているのに気付いた(^^;;;
それほど、なんだか魅力的な俳優さんだったのかも知れない、アダム・ビーチ。
同じくもう一人のナバホのホワイトホースとともに、味のある、そして笑顔がまたイイんだなぁ~。不思議な癒し系・・・かも。

なんと言っても、戦ってる相手って言うのが日本なわけで、
部隊が打ち破って行く相手も日本なら、部隊に襲いかかってくるのも日本。(アタリマエだが(^^;)
そうゆう意味では、けっこうキツイ面もあるわけなのだけれど、
そこで、監督がジョン・ウーだからか、こうゆう場合によく見かけるいわゆる”変な日本人風”ではなかった・・・っと思う。

戦争物なので、皆もちろん服装も一緒だし、過酷な戦況で顔もボロボロなのだけど、
魅力的といえば、そのアダム・ビーチの他にも、若手が数名。
できたら、もっと普通にキレイな格好をしてる作品で、
しっかり目撃したいな~(*^_^*)っと思える俳優さんがチラチラいましたよ~(爆)
【 2008/06/08 (Sun) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)

アタック・ナンバーハーフ

(2002年08月 WOWOWにて鑑賞ぶん:転記)

アタック・ナンバーハーフ ワン・ツーBOXアタック・ナンバーハーフ ワン・ツーBOX
(2004/09/24)
チャイチャーン・ニムブーンサワット

商品詳細を見る


WOWOWにて鑑賞のタイ映画。
公開時だいぶ話題になったし、観てみたかったので~♪
で、もっとハチャメチャな感じのコメディタイプの作品かと思ってたら
けっこうそうでもないのね。
いわゆるスポ根ものに、差別をハネ返すハートフル系が混じってきて
意外に真面目な作り?・・っと言うのも実在のモデルもいるわけだしね。

実力はあってもオカマだと言うことでチームの戦力外を強いられているバレーボール選手たちが、
選抜チームで新しい監督のもと(またこの監督は、オナベだし・・)評価を得て
レギュラーに抜擢されるが、それに不満の他の選手のほとんどが離脱してしまい、
国体を前に、急遽人員探しから始まる。
そして見事に集結したチームで、周囲の偏見や差別を跳ね返しながら勝利を手にするまで~~。

もうとーーーっても濃いオカマちゃん達(の役)がともかく個性的。
なかでは、ニューハーフでやけに美しいピア。
この俳優さんだけが、ホントに実体もどうやらそうらしい・・。

それと、唯一ストレートなチャイ役の人が、けっこう格好良かったよ、爽やかで。

エンディングに、モデルとなった実在の人たちがチラッと登場してるのだけれど、
あ~これが、あの役かな、コッチは、あの人かな・・・っと思いながら見るのも楽しい(^_^;)
【 2008/06/08 (Sun) 】 タイトル(あ~お) | TB(1) | CM(0)

アウトブレイク

アウトブレイクアウトブレイク
(2000/04/21)
ダスティン・ホフマン

商品詳細を見る




3月、4月あたりからずっと、こっちの映画の鑑賞ぶんの更新を延々とサボってて、
それだから、一ヶ月以上未更新の場合に登場するスポンサーサイト記事っつうのが出ていて鬱陶しいったらありゃしない~~っと言うので(爆)消すために、
イヤ、そこそこ観てるんだから、アップすりゃ済むってもんなんですが、
それも微妙に鑑賞から間が空いているので、姑息な手段として(笑)、別日記から転記してない古~いぶんを移動させました・・・ (((((^^;)

なので、2002年08月 フジTVにて鑑賞分・・・・の転記デス。(古っっ(>_<))
ま、最近も、「リ・ジェネシス」が放映されてるせいもあって、WOWOWでも思い出したように放映されてたりしますけどね~^_^;

・・・・・・・・・

何度も観てても、ついまた観ちゃう・・・作品のひとつ。
しかし、1995年の作品だけれど、劇場鑑賞はもちろん、
ビデオになってからもしばらくの間観てなかった作品でもある。
なんでだろうねぇ、漠然と”コワイ”イメージがあって遠巻きに眺めてたのかも・・(^^;
でも、1回観ちゃうと(爆)、なぁんだもっと早くに観ときゃ良かった!
~っとたしかその頃思ったような。(^^;

アフリカで正体不明の強力なウイルス感染による死者が多勢でる。
現地調査に米軍所属の専門チームが赴くが、その致死率と発症までの時間の早さに
驚くばかり。
即座に警戒態勢を軍の上層部に進言するが、対応しないばかりか、
チームのリーダー、サムは、別の場所へと飛ばされそうになり・・。
しかも、現地から密輸された猿が感染源となり、
アメリカ本国にもそのウイルス蔓延の危機が迫っていた!
この事件の起こる30年も前に、同じアフリカで、居留地がウイルスに汚染され
住民もろとも全部を抹消した軍の秘密がそこにはあった。
汚染された街全部をまたしても消し去ってしまおうとする上層部と対立し
なんとか感染源を突き止め、ワクチンを作って救おうと奮闘するサムら・・。

主演のダスティン・ホフマンはもちろん、レネ・ルッソでしょ、
モーガン・フリーマンでしょ、キューバ・グッディング・ジュニアでしょ、
ドナルド・サザーランドでしょ、
そして、ケビン・スペイシーもいる出演陣の豪華さ!
ケビンさんは、途中ウイルスによって・・・・の壮絶な役なんだけどね~(T.T)
さすがに微妙に若い~ったら(*^_^*)

・・・・・・・・・

フゥ~~スポンサー広告記事、消えた♪
これで、また一ヶ月は安泰かな・・・ヾ(・・;)ォィォィ(爆)
【 2008/06/07 (Sat) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)

エリザベス ゴールデン・エイジ

2月27日劇場鑑賞。

映画「エリザベス ゴールデン・エイジ」オリジナル・サウンドトラック映画「エリザベス ゴールデン・エイジ」オリジナル・サウンドトラック
(2008/01/23)
サントラ

商品詳細を見る


↑サントラ

前作「エリザベス」は、レンタル鑑賞、しかも旧作オチしてから、のんびーーり観たんですが、
それほど歴史モノに縁のない私が観ても、見やすかったし、またたっぷりと16世紀を堪能させてくれて楽しめました。
(ちなみにこの前作エリザベスのレビューもHPの片隅に隠れてます^_^;)
英国と結婚する宣言をし女王となったエリザベス、その繁栄の黄金期を描く今作。
・・・ですが、たしかに、絢爛豪華であったり、彼女をなんとか追い落とそうとする敵との対峙シーンなど、
たっぷりと見せてくれるものの、既に前回で堪能したせいでしょうか(もっと~を期待したためか)
思ったよりあっさりとしていたり、いろんなことに躊躇したり悩んだりするエリザベスの部分を描くためか
意外と俗人っぽかったり・・・・デシタ。前作のほうがインパクトあったかな。
もちろん、その次々の衣装、カツラまでもあんなにいっぱいあるのねーーっと
驚くほどデス。
他作品がこの作品とアカデミー賞の衣装デザイン賞を争ったって、
勝負は目に見えてるかな・・・ってとこですかね。(爆)



【 2008/02/28 (Thu) 】 タイトル(あ~お) | TB(1) | CM(2)

アメリカン・ギャングスター

2月27日劇場鑑賞。

アメリカン・ギャングスター (ソフトバンク文庫 サ 1-1)アメリカン・ギャングスター (ソフトバンク文庫 サ 1-1)
(2007/12/17)
スティーヴン・ザイリアン

商品詳細を見る


↑ノベライズ

ひと言で言うならば、”暗黒街のカリスマと正義をつらぬく刑事”の男と男のぶつかり合い。
そして、その暗黒街のカリスマ、フランク・ルーカスの物語として始まった作品・・・・・いずれも、パンフレットによる。
そしてそれが、実在の人物だって言うんだから、リアリティありますねー。
監督・製作は、リドリー・スコット。
ぶつかり合うのは、デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウ。
悪VS正義・・・って言うと、そのキャラのイメージ的に、デンちゃんが正義でラッセルが悪で~
って言うのがハマりそうなのだけれども、
なんせデンちゃんは「トレーニングデイ」しかり、悪役をやってこそ~~ってとこあるでしょうし、
また一方のラッセルは、「グラディエーター」にしても「インサイダー」にしても、
意外と逆に正義モン好き?って感じもするので、きっと良いのでしょうね。

この二人の共演作といったら、もう私はかつての「バーチュオシティ」が浮かぶわけで・・・
(ちなみに「バーチュオシティのレビューは、HPの片隅に隠れてます^_^;)
デンちゃんは、風格はもちろん増したものの、あの時とさほど変わってないような気がしますが、
なんせラッセルは・・・・その時は異様なキャラでしたし(まず人間じゃないし(爆))。
それがもう12年前、オーディションでデンちゃんがラッセルを推薦したんだと言う縁らしいので
この再びの共演、感慨深いものがあります。



【 2008/02/28 (Thu) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)

アイドルとデートする方法

WOWOWにて鑑賞。

アイドルとデートする方法 アイドルとデートする方法
ケイト・ボスワース、トファー・グレイス 他 (2005/10/07)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る


これもたっぷり溜まった録画在庫のなかから~^_^;

そうそう、「トランスフォーマー」でジョシュ・デュアメルをチラっと格好良いなーー(*^_^*)っと思ったので
録画して出演作だったんだ~(爆)

思うように次の出演作がイマイチ決まってないスランプに落ち込みそうではあるものの、ハリウッドのアイドルスター(アイドルか?)タッド・ハミルトンは、スターにありがちな少々ハメを外しては写真を撮られてしまったりと、マネージャーなどスタッフは心配顔。
見事に次作を射止めるためにも、彼の好感度アップに繋がるようにチャリティーで彼とのデート権を一般公募してみたりする。
タッドの大ファンで片田舎のスーパーでレジ係をするロザリーがこの権利を見事射止めて憧れのデートへ~♪
もちろん幸運に舞い上がるロザリーなのだが、彼女を渋々送り出す親友ピートがいて・・・。

出だしの感じからすると、田舎の素人娘を自分の人気回復&大役ゲットのために利用する~って言う傲慢なスター、タッドが思いっきり描かれるんだろうな~っと思い、それがジョシュ・デュアメルの役どころか・・・・ウームっと少々先行き悲壮だったんだけれど(爆)
これが、なぜかこのタッド君、突然独断でロザリーのもとを訪ねてみたり、スタッフなどが止めるのも聞かず、自分を取り戻すために、しばらくロザリーの近くで過ごすことを決意してみたりと、
それほど鼻に付く嫌なヤツじゃない(笑)
もちろん、昔っからずっとひそかにロザリーを想い続けていたピートには脅威の存在となってしまうのだけど、
ピートは、なかなか改めて自分の想いをロザリーに告げることもできず、タッドが思いっきり悪いヤツなら、きっとサッサと喧嘩にでもなって正体を暴き・・って展開になるんだろうけど、
そうでもないから、端から勝負にならないスターを前にして萎縮するばかりで~。
【 2007/11/28 (Wed) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。