Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005
月別アーカイブ  【 2006年04月 】 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハイ・クライムズ

(2003年1月鑑賞ぶん:転記)

ハイ・クライムズ〈特別編〉 ハイ・クライムズ〈特別編〉
アシュレー・ジャド (2006/03/10)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


特にラブストーリーで恋人役と言うわけでなくても、
共演が相性のイイ俳優さんの組み合わせって絶対あるような気がするのだけど、
アシュレー・ジャドとモーガン・フリーマンの組み合わせも、その例のように思える。
「コレクター」でも絶妙だったしね~。
オスカーのプレゼンターで一緒に登場した時も、すごく馴染んでたし。

で、今回のこの「ハイ・クライムズ」は、軍事法廷をまじえたサスペンスもの。
順風満帆な結婚生活を送っていたはずの夫婦に突然衝撃的な夫の過去と言うか素性が明らかになり、
しかも、重罪で逮捕され軍事裁判となってしまう・・。
とまどう間もなく、ひたすら夫の無実を信じ、今度は弁護士としての力を発揮しながらも彼を救うために闘うことになる妻。
軍と言う得体の知れない閉ざされた世界で、一般の弁護士がいくら有能であっても
まともに太刀打ちできるはずもなく、
強力な助っ人を人選することになる。
ココでいわばアウトロー的な弁護士を彼の力を見込んで選んでくるところが
彼女の凄さなんだろうけどね。
そして、アシュレーとモーガン氏のコンビが効いてくるってもの。
さらに、逮捕されいまや妻の力に頼るしかない立場となってしまった夫役に
ジム・カヴィーセルをもってきたあたりは、最後の展開を効果的にするための配役
だったのかな~~とも思える。
(まさにエドワード・ノートン的、配役ね?(謎))
スポンサーサイト
【 2006/04/22 (Sat) 】 タイトル(は~ほ) | TB(0) | CM(0)

オースティン・パワーズ ゴールドメンバー

(2003年1月鑑賞ぶん:転記)

オースティン・パワーズ ゴールドメンバー オースティン・パワーズ ゴールドメンバー
マイク・マイヤーズ (2006/07/19)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


このシリーズ・・・っと言うかマイク・マイヤーズもの、
「ウエインズ・ワールド」に始まって、主人は大好きなんだけれども、
どーーーも私は、このマイク・マイヤーズが苦手で・・・
劇場鑑賞することはまず絶対にありません(^^;;;
とりあえずレンタルになったら観てるけど、
なんかいまいちノレなくて~~あえてぜひ観たいとは思わないかなぁ~~程度。
今回は、カメオ出演にケビンさんの名前も挙がっていたので、
そりゃやっぱり観とかなくちゃでしょ・・っと。
そしたら、まぁ冒頭から、トムにグウィネスにそしてケビンさんに~(*^_^*)
さらにはスピルバーグに、後半にはトラちゃんまで。
あのポーズをするケビンさん(爆)、マイヤーズよりキマってました~ヘ(__ヘ)☆\(^^;)オイオイ
私など、このあたりのカメオ出演者部分だけで、もう満足ってとこではありますが~(笑)
でも、まぁ、ノリは相変わらずだけど、そこそこ面白かったよ。
マイケル・ケインも”よくやってた”(爆)しね~~(^_^;)
それに、オースティン・パワーズとDr.イーブルにあ~んな出生の秘密が
あるとは思いもしませんでしたわ(笑)
今回のヒロイン役のビヨンセも、なかなかに魅力的ね♪
しかし、やっぱり日本が舞台になると、どーーしてああなんとも中国風な日本になるんだろう・・・ (((((^^;)

【 2006/04/22 (Sat) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)

タイムマイン

(2003年1月鑑賞ぶん:転記)

タイムマイン スペシャル・エディション タイムマイン スペシャル・エディション
ジェシー・ブラッドフォード (2005/10/21)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


ちなみに、原題は、”Clockstoppers”と言うみたいだし、
これはうちの近所のビデオ屋さんだけのことかもしれないけど
しっかりとガイ・ピアースの「タイムマシン」の真横に陣取って置かれてるのよねぇ・・・
パッケージなどはもちろん似てないけど、このタイトルの激似さ、
狙ってるとしか思えない・・・(爆)

まぁ、σ(^_^)は、出演者名にマイケル・ビーンの名を発見してすぐ手に取ったわけですが、
最初まるで別の「タイムマシン」かと思ったもの・・(笑)
【 2006/04/22 (Sat) 】 タイトル(た~と) | TB(0) | CM(0)

グランド・ゼロ 感染源

(2003年1月鑑賞ぶん:転記)

グランド・ゼロ 感染源 グランド・ゼロ 感染源
ブルース・ボックスライトナー (2002/12/21)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


細菌パニックもの。
「ミレニアム」でフランクの妻キャサリンを演じていたミーガン・ギャラガー主演。
選挙で訪れていた米大統領が狙撃される。
しかし撃たれたのは銃弾ではなく、致死率の高いエボラウイルスだった!
大統領の診察、治療を急遽命じられた細菌学者ダイアンは、
即刻その周辺の隔離封鎖を指示する。
テロリストから解毒剤との交換条件に大金が要求されるが、
テロリストには決して屈しない姿勢をもちろん崩せない大統領ら。
次第に感染が広まり、死に至る者も・・・。
犯人は、内部に潜入し、大統領、政府への個人的恨みを抱くかつての研究者と
単なる大金目当ての人物との二人組みのようだったが・・。
【 2006/04/22 (Sat) 】 タイトル(か~こ) | TB(0) | CM(0)

バニシング・レッド

(2003年1月TV東京にて鑑賞ぶん:転記)

バニシング・レッド【字幕版】 バニシング・レッド【字幕版】
ドルフ・ラングレン、ジョージ・シーガル 他 (1993/08/20)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


ドルフ・ラングレン主演のアクションもの。

どうも秘密はありそうだけれど、パトロールに止められたトラック。
相棒とその警官が銃殺され、自分も撃たれたうえに容疑を全部かけられ収監される。
さらに警察病院からの護送中襲われるが、今度は脱走。
途中で女性を人質にとり逃亡し、自ら復讐を果たそうとするが・・。

そもそもが、高級車専門の窃盗団で、そこに雇われた元レーサーが
ドルフ・ラングレン扮するローマン。
一味に中国人マフィアみたいなのがいたりするけれど、
黒幕はローマンを必死で追おうとするロス市警の警部って言う裏があり
ローマンに人質にとられた女性は、格闘の腕を持つ非番の警官だったり、
またお約束のように、彼女との間に、なかなか熱い関係が生まれたり・・。
まぁ、アクション面では、ドルフ・ラングレンだからそこそこ面白くはあるんだけれど、
やっぱりB級って感じには変わりないかなぁ・・・特に吹き替え版で
ブチブチCM入りまくりながら観たせいもあるけど。
ローマンと行動をともにする逞しい女性警官役、
パッと見、「ジャック&ジル」のアマンダ・ピート似の女優さんだった。
まぁ彼女よりもちろんずっとアクションの似合う感じではあったけれど。
【 2006/04/22 (Sat) 】 タイトル(は~ほ) | TB(0) | CM(0)

ザ・パッケージ 暴かれた陰謀

(2003年1月テレビ東京にて鑑賞ぶん:転記)

ザ・パッケージ/暴かれた陰謀 ザ・パッケージ/暴かれた陰謀
ジーン・ハックマン (2003/10/24)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


ベルリンで米ソの核全廃条約の話が進むなか、
その件を不満に思う双方の軍関係者たちが、
なにか密かに計画を練っていて・・・。
たまたまそこに利用され、犯罪の濡れ衣まで着せられようとしていたベテラン軍曹。
場所を今度はアメリカに移し、いよいよ暗殺計画の決行が間近に。
標的は誰なのか?狙う場所は?黒幕は?
なんだかけっこう複雑に絡んでるような(そうでもないような・・)。
結局、どっちの国にも戦争をしたい軍人ってのが存在するってことか・・?
1989年作品、ジーン・ハックマン主演。
【 2006/04/22 (Sat) 】 タイトル(さ~そ) | TB(0) | CM(0)

ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔

(2003年2月劇場鑑賞ぶん:転記)

ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔
イライジャ・ウッド (2006/07/19)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


前作「旅の仲間」は、人物紹介やら指輪に関する導入部分が多かったので
いざ旅が始まった~っと思ったら、間もなく”続く”~っとなってしまったわけだけど(爆)
今回は、しっかり見せ場も多く、戦闘シーンの迫力など、
または、アラゴルンとアルウェンの幻想的なシーンなど
たしかに3時間、長時間ではあるけれど、飽きることなく時間は過ぎマス。
で、やっぱり次に続くわけだから、できることなら、
そのまま第3部「王の帰還」まで続けて観せちゃってよ~~って気にもなるわけだけど(笑)
指輪を捨てにフロド&サム、ウルク=ハイに拉致されたメリー&ピピン、
メリー&ピピンの救出に追跡するアラゴルン、レゴラス、ギムリ
・・っと3分割された仲間たちが、それぞれの場所で
またそれぞれ新たな登場人物との出会いなどもあり、ホントに盛りだくさん。
そして、あのガンダルフの復活登場もあるしね~!
パワーアップしたガンダルフ、ほとんどスーパーマンのよう・・・
もう彼さえ現れれば、向かうところ敵無し状態で、
あんな頼りなげなフロドに任せず、アンタが指輪を捨てに行けば
なんの問題もないんじゃ?・・・なぁんてつい思いたくもなったり(笑)
【 2006/04/22 (Sat) 】 タイトル(ら~ろ) | TB(0) | CM(0)

ボーンアイデンティティー

(2003年2月劇場鑑賞ぶん:転記)

ボーン・アイデンティティー スペシャル・エディション ボーン・アイデンティティー スペシャル・エディション
マット・デイモン (2005/01/28)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
この商品の詳細を見る


被弾し記憶をすっかり失っていた謎の男が嵐のなか漁船に救われる。
自分が誰なのかをわからないまま、ほとんど反射的に機敏に動く自分の身体のわけもわからぬまま、
身体に埋め込まれていたカプセルの情報で得られた銀行の貸し金庫からは
大金といくつものパスポートが・・・。
たまたま道連れとなった女と一緒に、今度はまたわけもわからないうちに追われ
命を狙われ・・・どんどん危険が迫ってくる。
マット・デイモンが記憶を失った元CIAのスパイ。
これまでの彼のイメージにはあまりない、アクションシーン満載の役柄になっている。
道連れになるマリーには「ラン・ローラ・ラン」のフランカ・ポテンテ。
もちろんこれも魅力的な役柄には違いないのだけれど、
やっぱりどちらかと言うとマット君の役柄の受身的存在になるので、
あのパワフルだった「ラン・ローラ・ラン」の時の彼女の持ち味にはかなわないかなぁ・・まぁ、チョット落ち着いた~って感じかしら(爆)
【 2006/04/22 (Sat) 】 タイトル(は~ほ) | TB(0) | CM(2)

レッドドラゴン

(2003年2月劇場鑑賞ぶん:転記)

レッド・ドラゴン レッド・ドラゴン
アンソニー・ホプキンス (2005/04/08)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
この商品の詳細を見る


冒頭、あの獄中のレクター博士がどうやってグレアム捜査官に
捕えられることになったかのいきさつが描かれマス。
そうかぁ・・捜査官とそうゆう繋がりのあった人物だったのね、
いわゆる貴重なアドバイザー的存在だったんだ、獄中に入る前からも・・。
レクターを捕えながらも、自らも重傷を負って、やがて現場からも離れたグレアム捜査官が、
クロフォードによって”かみ付き魔”の事件の捜査に引っ張りこまれる。
このクロフォード役、「羊~」では、スコット・グレンが演っていた役だよね?
彼のシャープな感じが好きだったので、もちろんハーヴェイ・カイテルも凄いんだけども、
なんかイメージがなぁ・・・・っと。
他のチルトン博士とかバーニーなどが同じ俳優さんなだけに、ううう~残念と思ってしまったり。(^^;
まぁでも、スコット・グレンの場合は、ジョディのクラリスとセットで
雰囲気が合った~って感じだったので、クラリスじゃなくグレアムと接してるぶんにはイイか(爆)
(最後の最後が、クラリスが訪ねてきたところになってるのが、
なんとも~な筋書きよね(笑))

【 2006/04/22 (Sat) 】 タイトル(ら~ろ) | TB(0) | CM(0)

ラッシュアワー

(2003年2月WOWOWにて鑑賞ぶん:転記)

ラッシュアワー ラッシュアワー
ジャッキー・チェン (1999/12/21)
東宝
この商品の詳細を見る


以前にレンタルで観てるのだけれども、
もうけっこうコレは記憶が薄れてるし(爆)
その後「ラッシュアワー2」も劇場鑑賞したことだし、
あらためて再鑑賞。
監督が只今公開中の「レッドドラゴン」のブレット・ラトナーだからかしらね、
またこの時期の放映って言うのは。

以前観た時も、クリス・タッカー・・・うるさぁ~~い(*_*)っと
思ったのはよ~く覚えているけど、
今回観ても、やっぱりうるさかった(爆)
その後観た、2の時は、まぁうるさいのだけれども、
ジャッキーとのコンビぶりが慣れたせいか、この前作ほどは感じなかったのは何故?
どちらかと言うと、全体の面白さも、2の方がやっぱ上かなぁ・・っと
再確認。
領事の娘誘拐事件で、双方とも邪魔にされながら組まされた
ロス市警のカーターと香港警察のリー。
賑やかなカーターと寡黙なリーと言う絶妙のコンビぶり発揮の第一作。
そうそう、FBI捜査官役にあの「プロファイラー3」で
偽(?)ジャック、ルーカス役の人が出てたんだねぇ~。
これまた全然覚えてなかったわぁ(^^;;;
【 2006/04/22 (Sat) 】 タイトル(ら~ろ) | TB(0) | CM(0)

第3次世界大戦 今そこにある危機

(2003年2月WOWOWにて鑑賞ぶん:転記)

WWIII WWIII
ティモシー・ハットン (2005/02/04)
エスピーオー
この商品の詳細を見る


ティモシー・ハットン主演。
(・・にしても、なんかどっかからそのまんま持ってきたような邦題付けたよね(爆)原題は”WWIII”)

まず冒頭に、豪華客船で原因不明の死に至る病気が急発生する。
FBI捜査官ではあるものの、専門担当分野は企業の保険詐欺なラリーが
急に本部に召集される。
この客船で蔓延したと思われるウイルスのかつての軍での開発者が
彼の叔父であったらしいため、既に引退、隠遁生活を送っている彼へコンタクトを取るためだった。
もちろん被害は多数の死者を短時間で出すに至った船だけにとどまらず、
今度は大勢が集まる大リーグの野球場でも、そのウイルスをバラまかれることになり
一気に北米全体が次々と汚染されていくと言う最悪の事態が・・・。
そんな驚異のウイルスを開発してしまった人物のなかに叔父が
また同様に、亡くなった実父も関係者だったと知り、ラリーは呆然。

まるでコショウの入れ物のようなケースに、大量殺戮の生物兵器を入れ
そして人ごみで撒くとは、考えただけでもゾッとする行為。
しかし、これはあくまで映画の中・・・っと片付けられない
ホントに”今そこにある危機”で、背筋が凍った・・・・。

【 2006/04/22 (Sat) 】 タイトル(た~と) | TB(0) | CM(0)

すてきな片想い

(2003年2月WOWOWにて鑑賞ぶん:転記)

すてきな片想い (初回限定生産) すてきな片想い (初回限定生産)
モリー・リングウォルド (2006/08/25)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
この商品の詳細を見る


1984年作品。
ジョン・ヒューズ監督、モリー・リングウォルド主演の青春映画。

・・・って、そのキャスト一覧のなかに、ジョン・キューザックの名を発見して
チョット観てみよう~って気になったんですけど(^^;
しばらく前の作品にしては、なかなか面白かった♪

16才の誕生日だと言うのに、ちょうど姉の結婚式が間近に迫っていたため
家族にすっかり忘れられていることにご機嫌斜めなヒロイン、サマンサ。
先輩であり憧れの人をダンスパーティーでも遠くで眺めながら、
逆になぜかとんでもない年下の子には迫られ、
とってもブルーな誕生日となってしまったわけだけど・・・。
意外なことに、既に美人の彼女も居るその憧れの人が、ひそかに自分に興味を持っていたことや、
迷惑この上ない勘違い年下君が、なぜかキューピッドになってくれたことから
運命は好転~♪

かなりハイテンションなコメディタッチな部分も多く
だいぶ、ヘ(__ヘ)☆\(^^;)オイオーイ・・・なとこもあるのだけども、
今でもじゅうぶん通用するような青春ラブコメディって感じ。
【 2006/04/22 (Sat) 】 タイトル(さ~そ) | TB(0) | CM(0)

ハッシュ!

(2003年2月鑑賞ぶん:転記)

ハッシュ! ハッシュ!
田辺誠一 (2004/07/10)
ハピネット・ピクチャーズ
この商品の詳細を見る


端的に言えば、ゲイカップルと一人の女性の物語。
たしかコレ、だいぶ話題になったり賞もイロイロ獲った作品よね。
田辺誠一&高橋和也がカップル、そこに絡む”子供の欲しい”女性が片岡礼子。
で、この作品の監督さんが、たしか自身ゲイであることをカミングアウトした人だと思った。

ゲイなカップルの作品と言うと、古くは「ミスター・レディ&ミスター・マダム」とか
片方がしっかり女装(?)した感じの作品が浮かぶのだけど、
これは、知らないでスレ違えば、特にわかんないんじゃない?って感じのゲイな二人。
特に田辺さん演じる勝裕の方は、隠れゲイ(?)ってな感じで
職場でももちろん知られてない。
(だから、なんだかコワーイ、ストーカーチックな女性に片思いされてピンチに陥るわけだけど~)
一方の高橋和也演じる誠也のほうは、母親も嘆きながらも既に知ってるし
職場でもカミングアウトしてる(?)
彼らに絡んでくる女性・朝子は、自分の婦人科系の病気も要因になったのか
これまで一人勝手気ままに(でもじゅうぶん寂しいみたいだったけど)生きてきた人生に
別に結婚相手は欲しくないけど、なんとか子供が欲しいと思い立った。
たまたまスレ違うことになった勝裕に、父親になれる目を感じた~っと言う理由で
相手がゲイだと言うことはお構い無しに、協力を要請することから、
彼らと彼女の生活が動き出す~。
【 2006/04/22 (Sat) 】 タイトル(は~ほ) | TB(0) | CM(0)

模倣犯

(2003年2月鑑賞ぶん:転記)

模倣犯 模倣犯
中居正広 (2002/12/21)
東宝
この商品の詳細を見る


ホントは、劇場で既に観てるんですが~
(^^ゞポリポリ、その時点でのアップをサボってしまったので
ついでにレンタルにて再鑑賞~っとなりました。

その間原作攻略したこともあり、
映画だけ観た時には、???何なのコレ?
コレが噂のベストセラーの映画化なの?・・・って感じだったわけですが、
あらためて鑑賞してみて、
(´ヘ`;)ハァ、やっぱり映画はほとんど失敗作だったんだろうなぁ・・・って結論に。
・・って、原作者、よくあの作品の出来で了承しましたねぇ。
ひょっとして中居君ファンとか?(爆)
【 2006/04/22 (Sat) 】 タイトル(ま~も) | TB(0) | CM(0)

WASABI

(2003年2月WOWOWにて鑑賞ぶん:転記)

WASABI WASABI
ジャン・レノ (2004/05/28)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


リュック・ベッソン製作、ジャン・レノ&広末涼子共演作。
ジャン・レノは観てみたかったけど、広末はどうもね・・・
っともちろん劇場鑑賞は見送った作品(爆)

かつて突然自分の前から姿を消した日本人女性である恋人が
急死し、その遺児が居ると言う知らせを受け驚きながら急遽訪日した
いわゆる暴れんぼうなフランスの刑事ユベール。
一人残された少女ユミに自分が父親だと名乗れないまま、
一緒に事件に巻き込まれていくが・・・。
【 2006/04/22 (Sat) 】 タイトル(英字・数字) | TB(0) | CM(0)

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

(2003年3月劇場鑑賞ぶん:転記)

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
レオナルド・ディカプリオ (2006/01/27)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る


本来なら、デカプリ苦手、トム・ハンクス嫌いな私が、
まず観ないだろう~っと思えるような配役ではあるのだけれど、
残念ながら(爆)コレ、初めて情報を見たときから
けっこうずっと楽しみに待ってました (((((^^;)
だって、なんかやけに面白そうなんだもの。

オープニングタイトルがまた凝ってて・・
と言うかなんかクラシックで平面的で、昔の映画(?)ドラマ(?)にも
こうゆうのあったよねぇ~っと面白かった。

普通の、いやむしろ豊かな家の高校生だったはずのフランク・アバグネイルが
父親の脱税容疑を発端に、さらには両親の離婚まで直面することになる。
デカプリが、高校生ねぇぇ・・・っと最初は懸念していたものの、
これが不思議とそれほど不自然じゃない。
デカプリファンなら、きっと過去の彼のもっと若い頃の作品を
彷彿とするくらいの若返りぶりに感嘆したんじゃないかしら・・・
(もちろん、私は、ほとんど未見ですが~(^^ゞポリポリ)
父親役のウォーケン氏もまた、スゴイんだこれが、いかにも怪しそうなのは
彼の持ち味として、衰退してからの哀愁の帯びかたもなかなかで、
フランクとその父との強い結びつき、想いに、うならせてくれます。
言ってみれば、これ、母親ってのが、かなりヒドイ仕打ちですよね?
フランク少年にとっても、衰退でサッサと捨てられる夫にとっても~(爆)
【 2006/04/20 (Thu) 】 タイトル(か~こ) | TB(0) | CM(0)

インナーウォーズ

(2003年3月鑑賞ぶん:転記)

インナーウォーズ インナーウォーズ
ランス・ヘンリクセン (2003/02/21)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


ランス・ヘンリクセン主演のSFアクション。
FBI捜査官で爆発物処理担当のゲインズは、仕掛けられた爆発物の処理で
大きな被害を出した責任をとり、FBIを辞め、
今は警備会社を設立している。
その会社が担当する科学サミットに今度は核爆弾が仕掛けられ、
起爆装置は会場を占拠したテロリストのリーダーの体内。
しかも彼を始末しても爆弾は作動するとあって、絶体絶命。
科学者が苦肉の策で、被弾し瀕死状態になっている犯人の体内に
ミクロ化したチームを送り、起爆装置の解除をすることに・・。
【 2006/04/20 (Thu) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)

クライムチアーズ

(2003年3月WOWOWにて鑑賞ぶん:転記)

クライム・チアーズ スペシャル・コレクターズ・エディション クライム・チアーズ スペシャル・コレクターズ・エディション
ジェイムズ・マースデン、ミーナ・スヴァーリ 他 (2006/04/07)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


学園のアイドル、花のチアリーダー5人組が繰り広げる奇想天外
少々キレてる青春(犯罪?)コメディ。
チアリーダーのキャプテン、ダイアンは、
転校生で同じく学園の花形となった、フットボールチームのジャックと
公然と恋人同士になり、ついには妊娠してしまう~。
卒倒する両家の親たちを放って、サッサと同棲生活に入るが
見た目の格好良さは、別として、当然ながら生活力のないジャックでは
日々の暮らしも困窮してしまい・・・。
生まれてくる赤ちゃんのためにも~っとやがて思いついた手段は
なんと銀行強盗!
それもヒントは、キアヌの「ハートブルー」のビデオ鑑賞だって言うから
ふざけてるでしょう~?(笑)
協力しあってそれぞれの夢の実現のために加わり、
作戦を実行するのだが・・・。
【 2006/04/20 (Thu) 】 タイトル(か~こ) | TB(0) | CM(0)

007 ダイ・アナザー・デイ

(2003年3月劇場鑑賞ぶん:転記)

007/ダイ・アナザー・デイ 007/ダイ・アナザー・デイ
ピアース・ブロスナン (2005/11/12)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


007、20作品目&40周年記念っと言ったら、
そりゃもうもちろん、観なくちゃなんないでしょう~♪(爆)

今やボンドっと言ったら、すぐこの人が浮かんでくるようになったので
ピアース、4作目、しっかりイメージ完成しましたね~。
なんでも次回の5作目も続投契約決定してるとか、
うんうん(^-^)、しばらくは、ピアース・ボンドでいて欲しい~。

(↑↑・・っと、鑑賞時は安心しきっていたのですが^_^;
ピアースボンドは今作で終了~(T_T))


で、まずオープニングから、けっこう驚かされました。
だって、あのジェームズ・ボンドが任務途中で捕えられ拷問を長々と加えられちゃうんですよ~~。
やがて交換となるまで、なんだかボンドじゃなく巌窟王になってるし・・・(爆)
そしてあのMにまで、もうあなたは不要~~っとまで言われ見捨てられちゃうし~。

それにしても、邦画「宣戦布告」あたりじゃ、なぜかその国だけ別名になってた国が
今回はしっかり名指しで舞台に・・・まさにタイムリーっと言うか、
文句付けてきたのも無理もないかと・・・ (((((^^;)
【 2006/04/20 (Thu) 】 タイトル(英字・数字) | TB(0) | CM(0)

ズーランダー

(2003年3月鑑賞ぶん:転記)

ズーランダー スペシャル・コレクターズ・エディション ズーランダー スペシャル・コレクターズ・エディション
ベン・スティラー (2006/05/12)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


ベン・スティラー、製作&監督&共同脚本&主演のコメディ(よね?(爆))作品。
ファッション業界の陰謀が絡んだマレーシア新首相の訪米時での暗殺に
白羽の矢が立ったのは、去年までは男性モデル世界ナンバーワンと称されていたデレク・ズーランダー。
でも今年の彼は既に新人ハンセルにその座を奪われ、
しかもかなりなおバカっぷり・・・(爆)
フフフ、だいたいが、パッとみモデル体型には見えなさそうなベン・スティラーが
決め顔もワンパターンにやっているから、
そもそもその時点からオカシイ~(笑)
新人ハンセル役のオーウェン・ウィルソンなら、まぁチョット逞しすぎるけれど
モデルっぽく見えなくもないけどね~ (((((^^;)
【 2006/04/20 (Thu) 】 タイトル(さ~そ) | TB(0) | CM(0)

宣戦布告

(2003年3月鑑賞ぶん:転記)

宣戦布告 宣戦布告
古谷一行 (2003/05/21)
東映
この商品の詳細を見る


原発銀座とも呼ばれる日本海敦賀半島沖で座礁した国籍不明の潜水艦。
すぐさま中を調べると武装した乗員の死体も発見され
さらに十数人と思われる武装工作員が上陸した模様
・・・に一気に緊張が走る日本。
国名としては、”北東人民共和国”っとされているけれど、
その他の国々はもちろん韓国とか中国とかアメリカなど実名。
当然ながら某国を指しているわけですね~。
なんだかこの時期、あまりにもタイムリーと言うか、スゴイな・・・っと思いつつ。
対処にあたる内閣、自衛隊、警察陣などなど、
もちろんこれまでに無い緊迫した時を迎えているのだけれど、
なんだか見てて、ホントにそんなんでイイの・・・?っと思える部分が多々。
危機管理面のズサンさもきっと風刺しているのでしょうね?っと思いたい。(爆)
たった一隻の潜水艦から、どんどん事態は急転していき、
あわや核戦争勃発に・・・・のギリギリのところまで進んでしまう。
その間、チョット公邸に戻って休息を~(なんてとっても取るタイミングじゃなさそうに見えるのに(^^;;;)
なんて総理大臣くつろいでたりするし、
途中で、もう手におえない~などとどんどん投げ出すような態度の警察やら大臣やら
・・・・その間に、全ての命令体系を守ることのみ指示され
どんどん現場で命を失っていくSAT隊員や自衛隊員・・・


【 2006/04/20 (Thu) 】 タイトル(さ~そ) | TB(0) | CM(0)

ブラック・リバー

(2003年3月 WOWOWにて鑑賞ぶん:転記)

ブラック・リバー ブラック・リバー
ジェフ・モーア (2004/03/05)
エスピーオー
この商品の詳細を見る


ベストセラー作家ディーン・クーンツ自ら
製作総指揮をしたと言う短編TVドラマ。
(ちょっとSFタッチな作品)

都会を離れ、小さなある町に足を踏み入れた途端、
本人の意思とは裏腹に、なぜかことごとくその町から出ていけなくなってしまう作家ボー。
小さなのどかな田舎町なのに、なぜかいたるところに監視カメラが稼動してる。
そして、彼が、町を離れようとすればするほど、
何かまわりに起こってしまうわ、黒塗りの(しかも中は無人!)の車には
終始つきまとわれ・・。
そんななかやはり他所から来たばかりの女性建築家とも知り合うが、
彼女は、いたってその町が気に入っただけの様子。
行動全てを監視され、謎の電話も~。
いったいこの町に何があるのか、自分をどうしようと言うのか・・
やっと彼が突き止めた正体とは~。
【 2006/04/20 (Thu) 】 タイトル(は~ほ) | TB(0) | CM(0)

ミッションブルー

(2003年4月鑑賞ぶん:転記)

ミッションブルー 武装金融地帯 ミッションブルー 武装金融地帯
スキート・ウーリッチ (2003/04/25)
エスピーオー
この商品の詳細を見る


スキート・ウーリッチ主演のサスペンスアクション。
オランダの金融会社、その取り引き先も国際的で場合によっては危険も伴うと
自社保安部があり、その若き責任者に抜擢されることになるケビン。
しかし、喜びもつかの間、まさにプロポーズをしようとする恋人を
目の前で銃殺され、自らも命を狙われ、追われることになる。
恋人は仕事上、何をしていたのか~?
また、インターポールまでが介入してくる会社の謎は・・・。
ボロボロになりながらも、真相に迫っていく様子が、いかにもスキート・ウーリッチらしい。
父の死後、面倒を見てくれた恩人のはずが、
実は、他にも自分と同じような境遇の人物も存在し、
かなり計画的な組織構成が浮かびあがる。
【 2006/04/20 (Thu) 】 タイトル(ま~も) | TB(0) | CM(0)

デアデビル

(2003年4月劇場鑑賞ぶん:転記)

デアデビル デアデビル
ベン・アフレック (2004/04/02)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


アメコミがもとになっているヒーローアクションもの、ベン・アフレック主演。
まず、ベン・アフレックがヒーローアクション・・・ってのが、
チト意外な感じ。だって、彼ってどうみてもあんまり俊敏な~ってイメージじゃないでしょ?
こう、もたーっとしてるし、顔もデカいし・・・ヘ(__ヘ)☆\(^^;)オイオイ(爆)

少年時代に、ボクサーだった父親の裏稼業を目撃し、
さらにその直後事故で廃液を浴び失明してしまうマット。
その後、父は改心し再びリングに立つが、不正行為を断ったために命を落とす。
マットは、失明はしたものの、視覚以外の感覚が超人的に発達していく。
さらに鍛えあげ、昼は盲目の弁護士、
夜は、正義のヒーロー”デアデビル”となって悪を裁いていた。
美女エレクトラとの出会い、
そして彼女の父親の殺害犯として彼女に復讐のターゲットとされてしまう、デアデビル。
また、巨漢の犯罪王キングピン、その殺し屋ブルズアイとの死闘など、
さすがにアメコミ的な見どころ満載。
【 2006/04/20 (Thu) 】 タイトル(た~と) | TB(0) | CM(0)

セレンディピティ

(2003年5月鑑賞ぶん:転記)

セレンディピティ~恋人たちのニューヨーク~ セレンディピティ~恋人たちのニューヨーク~
ジョン・キューザック (2006/06/23)
アミューズソフトエンタテインメント
この商品の詳細を見る


クリスマスのプレゼント選びで混み合うデパートの手袋売り場で
それぞれ恋人へのプレゼントをコレと決め
まさに手に取ろうとしていたジョナサンとサラが偶然出会う。
お互いに惹かれ合うものを感じる二人だったけれど
もちろんそれぞれ恋人のいる身、でも一緒にカフェで暫くの時間を過ごす。
そのまま別れ際に自分は名を告げるジョナサンだったが、
サラはそのままタクシーで立ち去ってしまう・・・が、
肝心のプレゼントをそれぞれカフェに忘れたりして、またすぐ再会することに。
結局互いの連絡先などを本や紙幣に書いて、本当に運命の繋がりがあるのなら
きっとそれぞれの元に戻ってくるはず・・・っと言うサラの提案のもと別れることに~。
そして数年後、それぞれ(また別の(^^;)恋人ができ、
それぞれ結婚を目前にしていた。
【 2006/04/20 (Thu) 】 タイトル(さ~そ) | TB(0) | CM(4)

バースデイ・ガール

(2003年5月鑑賞ぶん:転記)

バースデイ・ガール バースデイ・ガール
ニコール・キッドマン (2003/04/11)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


ニコール・キッドマン、ベン・チャップリンのチョット異色なサスペンス。

真面目の見本のような銀行員ジョンが、
ネットでなぁんとロシア人花嫁はいかが~?みたいなサイトで注文しちゃって
空港にお目当ての彼女を迎えに行ったはイイが・・
ちっとも言葉を解さないロシア美女ナディアがご到着~♪(爆)
ナディアの美貌に惹かれながらも
ちゃんと言葉の通じる相手を希望したのに~~っとばかりにと
相手業者に再三抗議をするも繋がらず・・・
そのうちナディアはどんどん迫ってくるし~~そりゃもういくらジョンでも
我慢できないでしょ~(笑)
この際、言葉はゆっくりでも覚えてもらえばなんとかなるかとジョンも覚悟し
ナディアの誕生日を祝おうとしてると、事態は急変。
彼女の従弟と称する男とその相棒が、ロシアから訪ねてきて、
ちゃっかりジョン家にご滞在。
予想外の邪魔者たちにも、遠慮がちなジョンの人柄も我慢の限界に達した頃には
彼らの本性が明らかになってきて・・・。

【 2006/04/20 (Thu) 】 タイトル(は~ほ) | TB(0) | CM(0)

あずみ

(2003年5月劇場鑑賞ぶん:転記)

あずみ スタンダード・エディション あずみ スタンダード・エディション
上戸彩 (2003/11/21)
アミューズソフトエンタテインメント
この商品の詳細を見る


ともかく、何で観たかったかと言うと、
ここんとこ特に”旬な”オダギリジョーの怪演っぷりが観たかったの(*^o^*)
で・・・内容その他は二の次で臨んだわけデシタ。

なんでももともとは漫画の連載ってことで
ドラマにしても映画にしても、なぁんかやけに多いよね、もとはコミックってやつ。
漫画はほぼ読まないので、たいていそのあたりを何も知らずに映画もドラマも観ることになるわけで、
だから、ストーリーそのものもまるっきり知りませんデシタ。

時代は関ヶ原以後、豊臣の時代から家康の時代へと移ろうとしているとき、
まだくすぶる豊臣がたの野望を世の平和安泰のために
家康が全て抑え、その反乱の火種を絶やすために、強力な刺客を育成させ・・・
ってな感じでしょうか。
孤児などを集め育て刺客として育てあげていくのが爺と呼ばれる原田芳雄で、
あずみの他にもほぼ同じ年頃の若い男の子たちが~。
このメンバーってのが、最近ドラマやら映画やらでまぁ主役は張らなくても
けっこう顔が売れてる男の子たちを揃えてきてることだし、
ウーームそのあたりにも注目~っと思ってたのですが・・・・
成長した彼らに爺が与えた最初の難関ってのがねぇ~~
思いっきり、”(^◇^;)ゲッ、それって反則じゃん!”って思いましたよ。
ひょっとして・・っと思ったら、案の定、早々に退場組が・・・
おまけにどっちかと言うとコッチよりコッチを観ていたい~っと思ってたほうは
ハイそれまで・・・・で。(T.T)
原田芳雄氏が、その時は、まるでバトロワのビートたけしに見えちゃいました(笑)
【 2006/04/20 (Thu) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)

ミスター・ベースボール

(2003年5月NHKBSにて鑑賞ぶん:転記)

ミスター・ベースボール ミスター・ベースボール
トム・セレック (1994/04/21)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


その次の時間帯の海外ドラマのために
早々とチャンネルを替えておいたらやっていたので観ちゃった作品(爆)
1992年の作品らしい。

解雇された大リーガーが、日本のチーム(中日ドラゴンズ)に獲得され
来日し、野球や日本の生活様式などにも驚き戸惑いながらも
監督やその娘とのふれあいで変化し、また大リーグに戻っていくまで・・。

・・って大まかな流れはそうなんだけども、
実は監督の娘だった~って言う才媛な美女との出会いや
互いに惹かれあい恋に落ちる様子もかなり唐突だったり、
(いきなりお風呂でのラブシーンにはビックリだったね・・(爆))
もちろん、カルチャーショック的に彼が日本を学んでいくところが
そうとうに不自然っつうか、だいぶ違うだろう・・ではあるような。
まぁでも、なんでも星野監督をイメージしてあるらしい高倉健さん演じる中日の監督が、
いかにもそれっぽく見えるのと、
トム・セレックとの掛け合いが意外と淡々としてて面白かったり、
こんなこと健さんにさせるのね・・・って言うシーンもあったりで、
まぁまぁ許容範囲かな(爆)
試合中、審判に抗議しに体当たりしていく熱血監督ぶりや
場内乱闘~なシーンなど、なぁんかよく見る光景って感じ。
【 2006/04/20 (Thu) 】 タイトル(ま~も) | TB(0) | CM(0)

モンテ・クリスト

(2003年5月鑑賞ぶん:転記)

モンテ・クリスト モンテ・クリスト
ジム・カヴィーゼル (2004/03/03)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


アレクサンドル・デュマの同名小説の映画化。
別名”巌窟王”としても有名なストーリーよね。

ナポレオンが島に流されている時代。
若く優れた船乗りであったエドモン・ダンテスは、長年の友であるモンデーゴとともに乗った船の仕事で
その島に流されているナポレオンと遭遇する。
そして彼から、エドモンの人柄を見込んで渡された手紙を
持ち帰ったことから、運命は激変してしまう。
仕事ぶりも評価され、若くして次の航海から船長を任され、
さらに恋人メルセデスとの結婚も近々実現させようと希望に満ちていたそのとき、
エドモンに嫉妬するモンテーゴらのたくらみもあり、
流罪者ナポレオンの反逆の手紙を届けようとした罪でいきなり捕えられ
イフ島に流されてしまう。
そこでの投獄生活は悲惨なもので、長年に渡り、彼は自分を無実の罪に陥れた
裏切り者たちへの復讐の気持ちのみで生きながらえていた。
そこで知り合った同じ罪人な司祭とトンネル堀りに力を合わせながら、
当時まだ字も読めなかったエドモンは、司祭から文武多くのことを学ぶ。
事故死してしまう司祭に手渡された地図により宝を手に入れ、
脱走後には、モンテ・クリスト伯と名を変え、姿も一新して
故郷の街に現れ、復讐劇がスタートする。
【 2006/04/20 (Thu) 】 タイトル(ま~も) | TB(0) | CM(0)

イナフ

(2003年5月鑑賞ぶん:転記)

イナフ コレクターズ・エディション イナフ コレクターズ・エディション
ジェニファー・ロペス (2006/03/29)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る


ジェニファー・ロペス主演のサスペンスもの。
食堂で働くスリム。若い客の一人から、ナンパされそうな雰囲気になるが、
どうやらソレは友達と彼女を落とせるかどうかの賭けだったらしく、
それを別の客が彼女に告げ、追い払ってやる。
突然現れた正義の人ミッチ、しかも見た目も長身で格好よさげ、
さらにはかなりリッチとあって、まるでシンデレラストーリーのように
スリムは彼との新婚生活をスタートさせる。
(これが最初から謀られていたことが明らかになった時には、
もう遅い・・ってとこよねぇ。)

やがて妊娠、今度は、大きな自分好みの家を夫が手に入れてくれる。
この手に入れかたってのも、そうとう強引で、売り出してもない物件に
高額を提示し、さらにとどめは、ほとんど脅し状態?
相手の老人の不安そうな顔は、”奥さん、大丈夫なのか?”って言いたげでもあったような~。
子供も生まれて、成長してくると、今度は、その夫の正体が見え隠れしてくる。
どうやら浮気もしてるようだし、問い詰めると逆ギレ。
あげくにスリムには暴力を振るい・・。
一度は夫の母に打ち明けようとするが、母親は当然のように息子側に付きそうで~。
そこで警察にすぐ訴え出ていれば、あとの展開は無くて済んだかもしれないんだけどねぇ・・。
我慢の限界、身の危険を感じたスリムは、娘を連れ、彼からひたすら逃れる。
さらに容赦なく追いかけてくる夫・・・。
昔の恋人を頼っても、すぐ場所は発見され、
かつて自分や母親を捨てた実父のもとを訪ねても小銭で追い払われ・・・・。
その後、この実父が、追われる彼女の身に興味を持って(~っと本人は言ってたよね。)
資金援助をしてくるあたり、この人がいて良かったじゃない~~?っと
思える展開で、いまひとつ、スリムのやってることに
多少の甘さが感じられるのだけれども。
やがて、耐えることも逃げることも、
サイコな夫からは不可能だと思い知ったスリムは、
ならば・・・っと別の決意を。
【 2006/04/20 (Thu) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。