Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラッキーナンバー7

1/24劇場鑑賞。

ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション
ジョシュ・ハートネット (2007/06/22)
ハピネット・ピクチャーズ

この商品の詳細を見る


次々とバイオレンスな殺しのシーンが・・・。
でも、それぞれ何がどう絡んで~っと言うのでもなく、バラバラとしてて・・過去の古臭い事件もありだし、
で?それで何が?って多少意味不明な時間がしばーーーらく。(爆)
最終的には(・・っと言うか途中経過で)、ハァァーーンっと
気付くことにはなるのだけれど、何せテンポがイマイチのために、
チョット疲れる~っと言うかダレる・・・^_^;
もう少し、これ、テンポアップして、時間も短縮して90分くらいの
小気味イイ感じの作品にすれば良かったのにね。
スポンサーサイト
【 2007/01/28 (Sun) 】 タイトル(ら~ろ) | TB(3) | CM(6)

ディパーテッド

1/24劇場鑑賞。

ディパーテッド ディパーテッド
サントラ、ロジャー・ウォーターズ 他 (2007/01/17)
ワーナーミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る


↑はサウンドトラック。

香港映画「インファナル・アフェア」のハリウッドリメイク版。
かなり前から話題になってましたもんね。
オリジナルなインファナル・アフェアの3部作。
これがあまりにも名作だったので、それをいったいどこまでリメイク版として成功できるのか・・っと興味津々ではありました。
まぁでも、基本的には、3部作中の1作目のリメイク・・なんですよね。
3つ揃って、もう類をみないくらいのイイ出来上がり具合だと思える香港版の存在があるので、
その一部分を切り取ってリメイクしても・・・決して越えることはできないでしょう~別物として観なきゃダメよね。

・・・とは言っても、部分部分の印象的なシーンや設定など
オリジナルに似通ったところも多用してあるので、
別物として割り切ってみるのもできないわけだけど~。
トニー・レオンの役どころは、デカプリ。
アンディ・ラウの役どころは、マット・デイモン。
これに、マーク・ウォールバーグや、大御所ジャック・ニコルソンが加わっているので、
配役を知ったときに、何か意図があって、この猿顔揃いにしたのか・・っと思ったほどでした(爆)
(そのまま”猿の惑星”作れるぞーー(笑))
もともと、デカプリとマット・デイモン、(そして関係ないけどジミー・大西(,_'☆\ バキ)
似た系統の顔だと勝手に認識してるので、二人がそれぞれあまりはっきりしないシーンなどあると、
ん、コレどっちだっけ・・・っと目を凝らしてしまうほどで~。
アンディ・ラウとトニー・レオンは、全くタイプの違う俳優さんだと思うので、同様にもう少しわかりやすいタイプの違う俳優さんに
して欲しかったかも・・^_^;
【 2007/01/28 (Sun) 】 タイトル(た~と) | TB(1) | CM(2)

ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT

DVDにて鑑賞。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
ルーカス・ブラック (2006/12/22)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

この商品の詳細を見る


はっきり言って、”ワイルドスピード”シリーズじゃないです(爆)
むしろ、”頭文字D”っぽい感じでした・・^_^;

前2作の主演だったポール・ウォーカーは出てなくて
(そのぶん最後にあのかたが・・(笑))
主演は、その昔”アメリカン・ゴシック”で少年だったルーカス・ブラック。
青年になってましたが、面影はそのまんまですね。
だから、実年齢より少々若い役柄でした。

スタートはアメリカなんですが、どうしたら舞台が東京に~?
・・っと思うと、ハイスクールでの悪さがたたり、
さすがにそれまで転々とつき合っていた母に見限られ、
少年院に入るかどっちか・・の選択に迫られ、
離婚後日本は東京に住んでる(海軍なのよね?下町住まいだったけど(爆))父親の元に追いやられるショーン。
さっそく日本の公立高校に通学させられるはめになるあたり、
このへんは、ほとんどコメディタッチ(笑)
で、父からは、ともかくも車に近付くな・・っと言い渡されてるのに
初日からレースです (((((^^;)
知り合った同級生や、やくざな親分の甥やその手下などと、
レースをきっかけにして親しくなったり敵対したりの日々が始まり・・。
(結局のところ、全く車から、レースから離れられません・・ショーン。反省の色無し・・(爆))
【 2007/01/28 (Sun) 】 タイトル(わ~ん) | TB(1) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。