Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラブソングができるまで

4/28 劇場鑑賞。

ラブソングができるまで ラブソングができるまで
サントラ、ヒュー・グラント 他 (2007/04/25)
ワーナーミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る


↑サントラ

予告編を初めて見たときから、何気に楽しみにしていた作品デス♪
だって、なんじゃこりゃ・・って感じのなんとも懐かしそうなポップバンドのボーカルで、微妙な髪型、衣装のヒュー・グラントが歌って踊ってるんだもの、見てみたくなるじゃない~~(爆)
80年代に人気だったバンド(その名もPOP!(笑))が解散後、
かつての人気にしがみつくような感じで、各地のイベント興行を唯一のステージにするくらいの、ほとんど”あの人は今・・”状態なアレックス。
そんな彼に、不思議にも(爆)大ファンだという最近売り出し中の若い歌姫コーラから、曲の依頼が。
それも期限が決まっているなか、他者との競合で優れていなければ採用にならないと言う条件。
久々に曲をひねり出そうとするものの、微妙に枯れちゃった彼には至難の業で・・・。
そこに家の植物の世話に現れた女性ソフィー。
もともと作家志望だった彼女に、天性の詩を作る才能を見出したアレックスは、なんとか協力を得ようとするが・・・。
スポンサーサイト
【 2007/04/28 (Sat) 】 タイトル(ら~ろ) | TB(0) | CM(2)

ハンニバル・ライジング

4/25 劇場鑑賞。

ハンニバル・ライジング 上巻 ハンニバル・ライジング 上巻
トマス・ハリス (2007/03)
新潮社

この商品の詳細を見る


↑原作。

あのレクター博士の誕生秘話、なぜ彼があそこまで究極の魔性を持つ
殺人鬼となったのか・・・を探る生い立ちの謎に迫ったもの。

まさにレクター城と呼ばれるリトアニアの古城で両親や妹、多くの使用人たちと暮らす6歳の少年ハンニバルが登場します。
しかし時はソ連に併合されたリトアニア、ドイツ軍の侵攻を受け、
ユダヤ人が虐殺されていたり、ソ連とドイツの対立が激化し、
元貴族のレクター家にとっても戦火を逃れ城をあとにする厳しい生活が
待ち受けていたわけですが・・。
それがもうまずこの幼いハンニバルとその妹ミーシャには、過酷過ぎる運命デシタ。
両親の死を目の当たりにし、さらには・・・。
この少年時代のことが、生涯のハンニバルにとってのトラウマ、
殺人鬼といたってしまった全てだったんでしょうねぇ。
その後少し時が経ち、ヤングハンニバルが今作の主役なわけですが、
なかなかに美形でした。(爆)
演じるギャスパー・ウリエル君。
「ジェヴォーダンの獣」の出演がかすかに記憶にあるような気がする程度で、
「かげろう」や「ロング・エンゲージメント」は未見のために
今作の彼が私にとっては、ほとんどお初に等しいものでした。
レクター博士と言えば、名優アンソニー・ホプキンスの姿を誰もが思い浮かべる役柄の青年期を演じるというだけでも
はかり知れないくらいのプレッシャーがあっただろうけれど、
イヤーーどうして、その面立ちが、まずアンソニー・ホプキンス御大とは似ても似つかなくても(爆)
(あえて、面立ちの似てる俳優さんをとしなかったところが
正解だったようです。むしろ、「マトリックス」時におけるシャープにとぎすまされたキアヌ・リーブスを彷彿とする面立ちデシタ(*^_^*))
じゅうぶんに演じきってましたねーー、負けないくらいの怪演デス。
翳りのある美しさや、不敵な笑みも見せたりとスゴイ存在感。
【 2007/04/25 (Wed) 】 タイトル(は~ほ) | TB(0) | CM(0)

インビジブル2

DVDにて鑑賞。

インビジブル2 インビジブル2
クリスチャン・スレーター (2007/04/18)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る


2000年の「インビジブル(原題 Hollow Man)の続編。
今回は、前作のポール・バーホーベン監督は製作総指揮。

透明人間になり大暴れし凶暴な殺人鬼と化したのは、前作ではケビン・ベーコン。
彼を始め、そこそこ配役が豪華だった前作は、ほとんどホラー化しては
いたけどまぁ楽しめたと思うけども・・・
前作の感想

この続編、透明になっちゃうのは、クリスチャン・スレーター。

パーティー会場で、泥酔な客が突然不審な動きをしたと思ったら
トイレで何者かに殺害される。
彼が軍の科学者だったことから、事件は国防総省の管轄になるが、
現場に急行した刑事フランクらは、死亡した科学者の同僚、女性科学者マギーの警護を命じられ・・。

前作では、もちろん透明になっちゃって姿が出てこないシーンが多かったものの、やっぱり主役はケビン・ベーコン氏だったが、
今回は、どうだろう・・透明なクリスチャン・スレーターが主役って
ほどでもないような。
ほぼ、刑事フランクのほうがメインですねー。
フランク役には、ピーター・ファシネリ。
いろんな俳優さんの顔立ちをミックスさせたようなタイプの人だね。
なんでも、私には縁がなかったけどビバヒル女優のジェニー・ガースの
旦那さんだとか。
【 2007/04/22 (Sun) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)

16ブロック

DVDにて鑑賞。

16ブロック 16ブロック
洋画 (2007/06/27)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る


劇場公開を観そびれた作品なのだけれど、保存版と化してからは
鑑賞までにチョット時間かかってしまった~^_^;

なんともくたびれたほぼアル中オヤジの刑事ジャック。
夜勤明けで帰ろうとしたところを、すぐに済む簡単な用事だからと
一人の容疑者エディの護送を押し付けられる。
ところが、彼が暴行事件の証人であり、
2時間以内に裁判所で大事な証言をすることになっていたために、
ちっとも簡単な任務じゃなくなってしまい・・・。

ジャックには、ブルース・ウィリス。
”ダイ・ハード”シリーズ新作も、楽しみですねー。
言ってみれば、これも不運巻き込まれ型(?)。
あ、でも結局、刑事ジャックにも、事件との絡みがあったわけで
ただの巻き込まれ型とは違うか・・。

ジャックに護送される犯罪者には、ラッパーなモス・デフ。
出番中、ずーーーーっと喋ってるんじゃないかと言うくらいの
お喋りなキャラなんだけれども、口調がね、まだキンキンしてないぶん
うるさいけれども、我慢できた(爆)
これ、クリス・タッカーとか、そのあたりのうるさいキャラがやってたら、耐えられないと思うよ(笑)
【 2007/04/15 (Sun) 】 タイトル(英字・数字) | TB(1) | CM(4)

スカイ・ハイ

WOWOWにて鑑賞。

スカイ・ハイ スカイ・ハイ
ケリー・プレストン (2006/04/19)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
この商品の詳細を見る


全く観る予定でもなく、たまたま付けたら始まるところで、観ちゃったら、これが意外と楽しめた(^^)v

両親がスーパーヒーローではあるが、自身は、いまだその能力も未確認。
空の上のスーパーヒーロー養成のハイスクールに入学するものの、
クラス分けテストでは、ヒーロー組ではなく、なかば落ちこぼれなサイドキック組に入れられた少年ウィル・・・。
(最初、わけわかんないから、勝手に”サイキック”なのかと思っちゃった私・・勘違い~^_^;)

もうねぇ、さすがディズニー青春作品って感じで
ファミリームービーです。
で、荒唐無稽なんだけど、そこそこ面白い(爆)
なぜかまぁ皆それぞれ強力、非力さまざまではあっても、
不思議な能力持ってるし、パワーを駆使してみたり、
悪者や宿敵(?)との戦いもあったり・・。
主人公の両親が、なんとカート・ラッセルに、(トラちゃん夫人な)ケリー・プレストン。
(よくまぁ二人ともこの役を真顔で・・って(爆))
彼らのスーパーヒーロースーツ姿なんて、そうそう見れるもんじゃなさそう~(笑)
【 2007/04/07 (Sat) 】 タイトル(さ~そ) | TB(0) | CM(0)

蟲師

4/1 劇場鑑賞。



↑小説本

これまた原作コミックの映画化ですよね。
少し前に深夜帯のTVアニメで放映されてもいて、娘のリクエストで録画していたりしましたが、私自身は、全くの未見で・・・。
で、劇場鑑賞し終えてから、娘に感想を聞かれて、
まぁなんかこう、瞬間瞬間で意識が遠のいていきそうな部分もあったぁ・・って正直に言ったら(爆)、
”いったい何を期待して観に行ったの?”っと冷たい視線・・(笑)
イヤ、あの、ただ、オダジョー目当てで・・・・っと私 (((((^^;)

【 2007/04/05 (Thu) 】 タイトル(ま~も) | TB(0) | CM(0)

ホリデイ

4/1劇場鑑賞

ホリデイ


ロンドンとLA、ともに失恋で傷ついた二人の女性が、
傷を癒すために求めたのが、”ホーム・エクスチェンジ”
全く違う環境の二人が、そっくりそのまま、2週間と言う期限付きで
その住まい環境を交換!っというラブコメ♪
予告編が流れている頃から、面白そうだな~っと思っていたのだけど、
女性陣が、キャメロン・ディアスにケイト・ウィンスレット。
まぁ、ケイト嬢は、とくに好きでもないけど、まぁこれは良しとして・・(爆)。
男性陣が、なになに?ジュード・ロウと、対するはジャック・ブラック!?
チョットあまりに差がありすぎでないかーーー?(笑)
・・っとこのあたりをえらく不安に思っておりましたが・・^_^;
(基本的にどうも苦手なのよねぇ、ジャック・ブラック (((((^^;))
【 2007/04/05 (Thu) 】 タイトル(は~ほ) | TB(1) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。