Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Sweet Rain 死神の精度

3/29劇場鑑賞。

「Sweet Rain 死神の精度」オリジナル・サウンドトラック「Sweet Rain 死神の精度」オリジナル・サウンドトラック
(2008/03/19)
サントラ

商品詳細を見る


↑サントラ。

この前の週に観ている3本のアップがまだなんですが・・・ま、記憶の新しいうちに順不同ってことで^_^;
金城武主演、「リターナー」以来の6年ぶりの日本映画だそうです。
彼が演じるのは”死神”。
「ジョー・ブラックをよろしく」のブラピの死神も美しかったけれども、
それに次ぐ美しさでした。そして少々天然(死神に天然ってのも変か(爆))入ったユニークさも。
7日後に不慮の死が予測される人の前に人間として現われ接し、その死を実行するか見送りとするかを判断するのが、この作品で言うところの死神の仕事らしい。
そして、死神も一人ではなく、多数存在していて、それぞれがその任務上のターゲットに付くわけで、
さらに、なぜか死神達、揃って”ミュージック”好き(笑)
CDショップで、周囲の目もかまわず一心不乱に視聴の世界に没頭してるのは、死神である可能性大~なんて具合デシタ。
CDショップに集う死神達。死神ではなく”天使”と言う設定だったけれど、図書館に集う黒服の天使達が居たニコラス・ケイジの「シティ・オブ・エンジェル」あたりもチラっと思い出しました。

スポンサーサイト
【 2008/03/30 (Sun) 】 タイトル(英字・数字) | TB(0) | CM(0)

ジャンパー

3/12劇場鑑賞。

ジャンパー 上 (1) (ハヤカワ文庫 SF ク 8-5)ジャンパー 上 (1) (ハヤカワ文庫 SF ク 8-5)
(2008/02)
スティーヴン・グールド

商品詳細を見る


↑原作。

かなり頻繁に予告編を見せられていたので、けっこう期待していたのだけど、
実際の出来は・・・チョット残念だったかなぁ~。
上下巻となる原作はどうなんだろう、それは面白いのかな?確かめてみたい気もするけど・・。

いわゆる瞬間移動のワザを身に付けたデヴィッド。(ワザと言うより、そもそもDNAだったんですねーー)
目立たぬ、いじめられっ子キャラだった彼が、習得した瞬間移動により、これまでと違う人生を歩むことになる。
彼の幼なじみ、そして成長後の恋人となる女性ミリー。
少女時代は「チャーリーとチョコレート工場」の子だよね。
こうやって見るとナタリー・ポートマン似の子だから、
成長後のレイチェル・ビルソンでは、ちょっと違うかなぁ・・・っと思ったけど、
ここでナタリー・ポートマンが加わるわけもないし(爆)、
加わると、サミュエル・L・ジャクソン氏も含めて、ヘイデン君とスターウォーズ同窓会になっちゃうしね(笑)


【 2008/03/13 (Thu) 】 タイトル(さ~そ) | TB(1) | CM(4)

バンテージ・ポイント

3/12劇場鑑賞。

バンテージ・ポイントバンテージ・ポイント
(2008/02/27)
バリー・レヴィー

商品詳細を見る


↑原作。

テロ撲滅サミット開催のスペインの広場、全世界に向けたTV中継のさなか、
米大統領の狙撃事件が起こる。
広場に大統領の車列が到着し、そして壇上で紹介を受け手を振る正午近くのその時間・・・・
上映時間90分の大半を、その瞬間を、その事件の目撃者のそれぞれの角度から
繰り返し繰り返し流される~なんとも長~い、午前11時59分デシタ(爆)
(正直なところ、最後には、もうイイよ・・・降参~って言いたくなるくらいで~^_^;
だって、あまりにそれより先に進まないんだもの(笑))
サスペンスものでよく使われる手法だと思うのだけど、”羅生門”的手法って言うんですか・・・
しかし、これほどに何度も何度も・・・って言うのは、見たことないかな。
まぁ、でも、その違う角度からの”証言””目撃”によって、事件の真相が明らかになっていくのですけどね。
【 2008/03/13 (Thu) 】 タイトル(は~ほ) | TB(4) | CM(8)

サンキュー・スモーキング

DVDにて鑑賞。

サンキュー・スモーキング (特別編)サンキュー・スモーキング (特別編)
(2007/09/07)
アーロン・エッカート.マリア・ベロ.キャメロン・ブライト.ケイト・ホームズ

商品詳細を見る


ずいぶん前から保存版と化していたのだけど、そうなるとなかなか観出せず~(爆)
やっと思い出したように鑑賞。
監督は、ジェイソン・ライトマン。
そう、つい先日のオスカーノミニーな「JUNO/ジュノ」の監督さんですねーー。
今作が長編映画デビュー作なんですって?そして2作目が「ジュノ」らしい。
そう考えるとスゴイですね。
「ジュノ」もそうらしいけど、なぜか、この作品も海外ドラマ出演常連な俳優陣が、
数多く出ています。
「クローザー」のポープ、「ER」のアンナ・デル・アミコやモーゲンスタン、「ザ・エージェンシー」のレックス、「ドーソンズ・クリーク」のジョーイ、「O.C.」のセス、「TWW」のサム・・・きっとまだ居ると思う(爆)
こうしてキャラで並べてみても、けっこう豪華な出演陣ですね。

アーロン・エッカート演じる主人公ニックは、煙草会社所属の煙草研究アカデミーの広報担当。
なんでも”ロビイスト”っと言う職業なんだそうな。
要するに、弁がたつ人みたいですね。
いろいろな意見、批判、中傷、抗議などを、巧みな話術で議論したり操作したり交わしたり、
問題をすり替えたり~。


【 2008/03/03 (Mon) 】 タイトル(さ~そ) | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。