Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スリーデイズ

WOWOWにて鑑賞。
スリーデイズ [DVD]スリーデイズ [DVD]
(2012/03/02)
ラッセル・クロウ、エリザベス・バンクス 他

商品詳細を見る


穏やかな生活をおくる3人家族、突然、妻ララに職場上司の殺人容疑がかかる。その時、地元で教員をしている夫ジョンは・・・。まずは妻の無実を信じながら、やがて容疑の晴れることを願い幼い息子の世話など一手に引き受けているが、裁判にかけられた妻は冤罪を訴え続けるものの有罪、終身刑を言い渡され、しかも遠い刑務所へ収監されることに。ララが刑務所内で絶望にかられ自殺を図ったことを目の当たりにしたジョンは、あろうことか、ララの脱獄計画を立て単身周到な計画を練り、実行に移す。
・・・っとまぁ、普通の流れだったら、妻の無実を信じ、真犯人を突き止めるために奔走~って言うのがありがちなところかと思うのだけれど~(そこに協力者や邪魔者とか現れたりしてねぇ(爆))、もうこれしか彼女を救う術がないとばかりに脱獄による奪回計画に突き進むジョンには驚かされる。それが暴れん坊要素満載な(?)ラッセル・クロウにピッタリで~(笑)。途中、薬の売人達との銃撃戦などもあったりするわけですが、なんせ彼の図体ですから、とても普通の教員っぽくは見えませんしねー(^_^;)
この作品、たしか、ダイアン・クルーガーが奥さん役を演っている仏映画がオリジナルとしてあると思いますが(だいぶ前にTV放映で観たような気がする・・・)その時の夫役は、普通にオジサンでした(爆)。
そそ、ともかくも、事件の真実がイマイチはっきりしないまま、イヤ、そんなことどうでもイイかのように妻の無実を信じ突き進む夫ジョンが、それこそそのために、かなり無謀にいろいろと犯罪をおかしてしまってるので、ホント下手すれば幼い息子残して夫婦揃って重犯罪刑務所入り~って結末になりそうなものではあるのですが、とりあえず、いちお、無事逃亡を果たしてのハッピーエンド(?)。最後の最後に、そもそもの捜査陣が現場の洗い直しをチラっと行い、冤罪だった様子も垣間見せそうな・・オマケつきでした。
オマケと言えば、ジョンが妻を救うアドバイスを貰うべく元脱獄犯のところを訪ねるくだりに、リーアム・ニーソン御大のチョットだけ特別出演がありました。
スポンサーサイト
【 2012/10/29 (Mon) 】 タイトル(さ~そ) | TB(0) | CM(0)

クライシス・オブ・アメリカ

WOWOWにて鑑賞。
クライシス・オブ・アメリカ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]クライシス・オブ・アメリカ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2006/09/08)
デンゼル・ワシントン、メリル・ストリープ 他

商品詳細を見る


冒頭の湾岸戦争シーンやその後の何やら陰謀部分のチラつき具合から、戦争現場における陰謀や真相究明のサスペンスものなのかと思いつつ観始めましたが、まぁそれ以上にだいぶSFスリラー(?)的な陰謀と謎・・・な作品でした。
湾岸戦争においてある陸軍の小隊が敵の急襲を受け犠牲者を出しながらも難を逃れ帰還する。小隊を率いていたベン大尉は戦闘中に意識を失うが、どうやら部下のショー軍曹の活躍があったようで、彼の名誉は称えられ、帰還退役後には、ショーはその一家の血筋でもある政界への道を歩んでいた。一方、ベンは、当時の部下がある夢に悩まされていたのと同様、悪夢にうなされる日々でもあり、戦闘中意識を失った部分のあいまいな記憶の真相を探ろうとするが、そこには隠ぺいされた実験や陰謀が・・・。
何かがおかしいと異常者扱いをされながらも真相究明に奔走するベンに、デンゼルさん。政界へと身を転じ、下院議員から上院へそして副大統領候補へと進もうとしているショーには、リーヴ・シュレイバー。
他にもなんとも贅沢な配役でした。ショーの母親にはメリル・ストリープ。政界や軍や謎の企業などにも、ジョン・ヴォイトやらミゲル・フェラーやらジェフリー・ライト、ジュード・チコレッラ(24の補佐官の人ね)など大挙して出演してます。

結局は、将来の大統領をなんとか自分の息子にさせたいと言う自らも上院議員でもある母親の狂信的な思いと軍事企業の陰謀が結託して誰も想像しないマインドコントロールによる策略を決行しようとしたってことですかねー。
まぁ、とっかかりは陸軍の一小隊にしても、長期的に張り巡らされた陰謀のゴールがそこにあるなら、けっこう回りくどいマインドコントロールなのではないか・・・って言う気もしなくはなかったですけど、メリル・ストリープもハマり役っぽい感じですし、怖かったデス。
【 2012/10/14 (Sun) 】 タイトル(か~こ) | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。