Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メラニーは行く!

(2003年6月劇場鑑賞ぶん:転記)

メラニーは行く! 特別版 メラニーは行く! 特別版
リース・ウィザースプーン (2005/12/07)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
この商品の詳細を見る


リース・ウィザースプーン主演のロマンチック・ラブコメ♪
「キューティー・ブロンド」以来、こうゆう雰囲気の作品はぴったりとハマる彼女。

今回は、実家のある南部のアラバマには、
幼なじみのまま結婚に至った夫が(戸籍上)いるものの、
単身デザイナーを目指し出て行ったニューヨークでは、
デザイナーとしての成功にプラス、市長の息子からの求婚と言うおまけまで手に入れてしまったヒロイン、
メラニーが、彼女の役どころ。

冒頭まもなくの市長息子アンドリューからのプロポーズシーンなど
メラニーを何処に連れていくかと思えば、店の裏口から入って、
そこはティファニー~~♪
プロポーズの言葉とともに、貸切のティファニーの指輪のなかから、
さぁ好きなのを一つ選んで・・・・なぁんて、まさにシンデレラ状態♪

そこから、一転、自分の過去を清算すべく実家に急行するメラニーなんですけどね~。

まぁ、彼女が田舎暮らしを見限って、旦那に愛想をつかして、
ニューヨークへ夢の実現に乗り込んで行ったのかと思えば、
そりゃアンドリューほどの王子様姿ではないものの、
この夫、ジェイクだって、なかなかの美形っぷりだし、
田舎に戻るなり傲慢なメラニーの様子が目立つほど
周囲の人たちも温かくて、イイ感じで、この環境を彼女が捨てちゃったほうが
我がままに思えるくらい~(^^;;;
まぁそこには、幼なじみとの若い日の出来ちゃった結婚と
その後の流産の悲しみ~~なぁんてのも、もちろんあるわけで
別にメラニーが極悪なわけではないんだけどね~(^^;;;
既に恋人もいるようなのに、なぜか離婚に応じようとしない夫に苛立ちながら
メラニーは、ともかくもなんとか離婚届にサインをさせようと必死~~。
やがて婚約者アンドリューまでこの地に乗り込んできてしまって
さらに大騒ぎに~。

メラニーが知らない間のジェイクの成功とか、
もともとメラニーをあまりよく思っていない市長であるアンドリュー母の
南部への偏見とか、いろんなことが絡み合って、
最後の最後にメラニーが選ぶ相手は・・・・ってとこですかね。

ひとくちに言ってしまえば~~このぉ、贅沢ものぉ~>メラニー(爆)
そうなるとは思っていたけど、土壇場で振られても怒らないアンドリューって・・・
そりゃトビきり傲慢な市長ケイトじゃなくても、替わりに怒りたくもなるでしょ(笑)
まぁ、その後、もちろんしっかりアンドリューもお相手を見つけてたようだけどね~~(エンディングの紙面)

で、ジェイクとアンドリュー、どっちが素敵かと言うと・・・
うーーん、こうゆう場合って、選び難い、およそタイプの違うような
素敵な俳優さんを鉢合わせさせるのねん(笑)
うーーーん、でも、放って置かれたとは言え、しっかりメラニーとの想い出絡みで
成功を手に入れてたわけだし、しかもそれがさりげないし、
で、なかなかな美形っとありゃ、やっぱり夫、ジェイクの勝ち~は頷けるところかな~(爆)
スポンサーサイト
【 2006/04/20 (Thu) 】 タイトル(ま~も) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。