Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミスター・ベースボール

(2003年5月NHKBSにて鑑賞ぶん:転記)

ミスター・ベースボール ミスター・ベースボール
トム・セレック (1994/04/21)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


その次の時間帯の海外ドラマのために
早々とチャンネルを替えておいたらやっていたので観ちゃった作品(爆)
1992年の作品らしい。

解雇された大リーガーが、日本のチーム(中日ドラゴンズ)に獲得され
来日し、野球や日本の生活様式などにも驚き戸惑いながらも
監督やその娘とのふれあいで変化し、また大リーグに戻っていくまで・・。

・・って大まかな流れはそうなんだけども、
実は監督の娘だった~って言う才媛な美女との出会いや
互いに惹かれあい恋に落ちる様子もかなり唐突だったり、
(いきなりお風呂でのラブシーンにはビックリだったね・・(爆))
もちろん、カルチャーショック的に彼が日本を学んでいくところが
そうとうに不自然っつうか、だいぶ違うだろう・・ではあるような。
まぁでも、なんでも星野監督をイメージしてあるらしい高倉健さん演じる中日の監督が、
いかにもそれっぽく見えるのと、
トム・セレックとの掛け合いが意外と淡々としてて面白かったり、
こんなこと健さんにさせるのね・・・って言うシーンもあったりで、
まぁまぁ許容範囲かな(爆)
試合中、審判に抗議しに体当たりしていく熱血監督ぶりや
場内乱闘~なシーンなど、なぁんかよく見る光景って感じ。

聞くところによると、ホントは別の女優さんがキャスティングされていたのが
彼女になったと言うその監督娘のヒロ子役の女優さん(高梨亜矢だったかな)
まるで知らない名前の人だったのだけど、
けっこうキレイな人で、英語も流暢なようで(たぶん)、
でもあまり見かけないようなんだけど、その後どうしちゃったんでしょうかしら~。
高倉健さん、出演200作品目でもあったらしい。
スポンサーサイト
【 2006/04/20 (Thu) 】 タイトル(ま~も) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。