Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レッドドラゴン

(2003年2月劇場鑑賞ぶん:転記)

レッド・ドラゴン レッド・ドラゴン
アンソニー・ホプキンス (2005/04/08)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
この商品の詳細を見る


冒頭、あの獄中のレクター博士がどうやってグレアム捜査官に
捕えられることになったかのいきさつが描かれマス。
そうかぁ・・捜査官とそうゆう繋がりのあった人物だったのね、
いわゆる貴重なアドバイザー的存在だったんだ、獄中に入る前からも・・。
レクターを捕えながらも、自らも重傷を負って、やがて現場からも離れたグレアム捜査官が、
クロフォードによって”かみ付き魔”の事件の捜査に引っ張りこまれる。
このクロフォード役、「羊~」では、スコット・グレンが演っていた役だよね?
彼のシャープな感じが好きだったので、もちろんハーヴェイ・カイテルも凄いんだけども、
なんかイメージがなぁ・・・・っと。
他のチルトン博士とかバーニーなどが同じ俳優さんなだけに、ううう~残念と思ってしまったり。(^^;
まぁでも、スコット・グレンの場合は、ジョディのクラリスとセットで
雰囲気が合った~って感じだったので、クラリスじゃなくグレアムと接してるぶんにはイイか(爆)
(最後の最後が、クラリスが訪ねてきたところになってるのが、
なんとも~な筋書きよね(笑))


ダラハイド役のレイフ・ファインズも熱演デス!
アンソニーさんや、エドワード・ノートンと相手するなら、
やっぱ彼くらいの人でなくちゃ、タダの悪役、殺人鬼~になっちゃうもんね。
その生い立ちやら、盲目の女性とのひとときのエピソードなどの部分で
じゅうぶん悲劇を漂わせておいてのあのラストですもんね、ただものじゃないデス(爆)
”羊~”や”ハンニバル”そしてこの”レッド~”全部、見事に雰囲気の違う作品で出来上がったような感じデシタ。
多少バックの音楽など、盛り上げ気味が過剰な感じもして(少々うるさく思える部分も(^^;)、
そこらあたりが、ブレット・ラトナー風なのかな・・・。
スポンサーサイト
【 2006/04/22 (Sat) 】 タイトル(ら~ろ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。