Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブロードウェイと銃弾

(2002年11月WOWOWにて鑑賞ぶん:転記)

ブロードウェイと銃弾 ブロードウェイと銃弾
ジョン・キューザック (2001/04/25)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る


ちょうど始まる時に気付いて、そうだ~ジョン・キューザック作品ってことで
いつか観たいと思ってたんだわ~~っと、観始めました。
1994年作品なんだけど、1920年代のブロードウェイを描いているため
たしかに全編クラシックな感じで、ジョン・キューザックが主演じゃなきゃ、
σ(^_^)は観てなかったかもなぁ・・・って感じではあるが(爆)。

ウディ・アレン監督作。
キューザックが演じる新進作家デビッドは、ブロードウェイで上演することを目指していた。
スポンサーとして紹介されたのが、ギャングのボスで
そのボスの女を舞台に出すことを条件に、上映が決まる。
でも、彼女は、まるっきりの素人で酷い演技。
主役には、もうピークを過ぎた元大女優を起用したりするが、
肝心のデビッドの脚本がイマイチで、そんな彼にボスの用心棒が次々とアドバイス。
この彼がいわばゴーストライターのような形になり、
舞台は大成功。デビッドも認められる。
しかし、演技の下手なボスの女の存在を用心棒が我慢できなくなり・・・。

キューザックと、元大女優役のダイアン・ウィーストが密かに恋に落ちるあたりが
彼らの実年齢を考えると、チョットどうかと思ったけども、
そのダイアン・ウィーストはもちろん、用心棒役のチャズ・パルミンテリも
ド下手な女優役のジェニファー・ティリーも、
それぞれ皆見事にハマってるからさすがベテラン陣。
特に、キューザックとパルミンテリのかけ合いが妙に面白かった♪

スポンサーサイト
【 2006/03/22 (Wed) 】 タイトル(は~ほ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。