Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トリプルX

(2002年11月劇場鑑賞ぶん:転記)

トリプルX トリプルX
ヴィン・ディーゼル (2003/03/19)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


冒頭、ホントにまた出たよ~~チェコのプラハ・・・って感じ。
(「9デイズ」も舞台がプラハだったもんね、今や映画の舞台の流行り?)
テロリスト壊滅にNSAが捜査員を潜入させてはことごとく失敗に。
相手の目は厳しく、いかにもな捜査員を派遣しては、失敗するばかりだと、
敵の目をしっかり欺ける、しかも使い捨ての一般人と言うか
札付きのワルを利用することを思いつく。
候補となった人物には、それぞれ段階を踏んだテストが施され
見事に選び抜かれたのが、ザンダー・ケイジことトリプルX!
ド迫力なこの役、ヴィン・ディーゼル以外には、該当しないでしょ~~って感じの
まさに当たり役になったみたいですね~。

いちおう即席のスパイになったわけだけど、もちろん007みたいに由緒正しき優等生では無いし(爆)
外見だって、決してスーツでビシッと決めてるわけではないけども、
やることが無鉄砲だったり、やっぱり女性が絡んでくるあたり、
(そそ、ラストシーンもね~)
同じ系統ではあるんでしょうね。
アッチで、次々とボンドに秘密兵器を授けるQみたいな存在も、ちゃんと居るしね。
ボンドも(だいぶマンネリ化して来てるようだし)ウカウカしてると大変だぁ~(爆)
随所に、そ~んなバカな・・・っと思える部分はそりゃお約束のように多々あっても、
そうゆうものを全部吹き飛ばすほどの迫力と面白さでじゅうぶん魅せてくれる娯楽作デス。
ただし、これは絶対劇場鑑賞しないと、その魅力の半分も家じゃ再現できないでしょ・・。
そりゃよっぽどの設備が備わってる豪邸で防音も完璧で観るからイイもん・・
っと自負する人の場合は例外でしょうけどね。(笑)
スポンサーサイト
【 2006/03/22 (Wed) 】 タイトル(た~と) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。