Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プロフェシー

(2002年11月劇場鑑賞ぶん:転記)

プロフェシー プロフェシー
リチャード・ギア (2005/06/22)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る


リチャード・ギア主演のミステリー・サスペンス・ホラー・・・って感じ?

有能なワシントン・ポストの記者の夫、美人な妻、
新居を物色し多少予算オーバーだけれど即決して幸せの絶頂~って感じの夫婦に
その帰路、突然悲劇が襲う。
運転中の妻が”ある物”を見て車は事故を起こしてしまう。
その時の検査で脳腫瘍も発見された妻は、間もなく亡くなってしまい・・・。
その2年後、残された夫が次々と遭遇する不思議な出来事。
実際に舞台となっているポイントプレザントって言う地の
不可思議な事例や、実際に起きた事故がこの作品のベースになっていると言うのが、
なんかそれだけでチョット不気味な~感じ。
突然の”モスマン”の出現や、事故や病死、変死・・・かと思えば、
とてもあり得ない距離を短時間で走行してしまう車。
行ったこともない家に再来してると証言されること。
なんだか特に最初のほうは、ギアさん演じるジョン・クラインが、
まるでXファイルのモルダーみたいに、超常現象を追い、
やがてはエイリアンまで登場するんじゃないかと思ったほど・・・(^_^;)


モスマンを目撃する人、助かる人、命を落とす人、
かかってくる電話の意味は?
モスマンは、死神なのか、予言者なのか・・・
なんとも不思議な感じで終始した作品だった。
DVD化されたら、また細部まで再鑑賞してみたいな~。
「真実の行方」でもコンビを組んでいたリチャード・ギア&ローラ・リネイが、
今作品でも共演。

スポンサーサイト
【 2006/03/22 (Wed) 】 タイトル(は~ほ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。