Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジェネックス・コップ2

(2002年11月鑑賞ぶん:転記)

ジェネックス・コップ ジェネックス・コップ
サム・リー、ジャッキー・チェン 他 (2005/06/22)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る


↑↑これは、前作「ジェネックス・コップ」

前作「ジェネックス・コップ」より、全体に派手になって
明るくなって、コメディ色も強くなってるかな?
前作のニコラス・ツェーに代わり、エディソン・チャンが加わり
サム・リーとスティーブン・フォンは引き続き~。
3人のなかで、一番お笑い担当がサム・リー。
この間、「ピンポン」を観ているので、さらに印象深い。
スティーブン・フォンって、岡本健一に似てるよなぁ・・とか、
エディソン・チャンって、やけに落ち着いて見える時と、ガキっぽい時とあるよな~とか、
それぞれ個性が出てて面白い。
前回は、製作でもあったジャッキー・チェンが終盤にカメオ出演したり
日本からは仲村トオルが悪役として出てたわけだけど、
今回は、なんたって、ロボットの登場!
無敵の戦略ロボットRS1が完成し披露されようとしているわけだが、
その開発に携わった若者が恨みを抱き、ロボットを奪回しようと・・・。
香港警察チーム、FBIなど入り乱れての大騒ぎとなる。
この前に、「SPY_N」を観てるせいか、アクションとか比べたくなった。
この「ジェネックス・コップ2」のほうが、スピードがあってイイ。
そして終始アチコチに笑えるような演出になってるせいだろうか、
なんかやたらと俳優陣が楽しそうだし~(爆)
ロボットが暴れ回ったりするあたり、
日本の子供向けの戦隊モノのTVシリーズみたいなノリにも見えたけどね~。

スポンサーサイト
【 2006/03/22 (Wed) 】 タイトル(さ~そ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。