Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リメンバー・ミー

(2002年11月鑑賞ぶん:転記)

リメンバー・ミー リメンバー・ミー
キム・ハヌル (2002/04/26)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


韓国映画。
無線が時を越えて繋ぐ・・・っと言ったら、
最近では「オーロラの彼方へ」での父と息子のその不思議な無線が思い浮かぶが
あれでは、文字通り”オーロラ”の現象が影響してたのよねぇ。
そして、これでは、”皆既月食”。
ウーン、やっぱり何か不思議な気象状況がセットになるんだろうか~(爆)

憧れの先輩にときめく女子大生ソンミが、ひょんなことから
ほとんど壊れたアマチュア無線機を手にする。
その通信相手となるのが、なぜか彼女のいる1979年ではなく、
2000年の同じ大学生イン。
最初は互いに相手がからかっているのかと信じられなかったが、
なぜか無線機の電源を入れなくても通信できてしまったり、
過去に生きる彼女にとって未来のことが、
既に過ぎてしまっている彼から知らされたり、
やがてこの不思議な現象が本当に起きていることがわかる。
互いに相手との会話を楽しみながら、現在の恋をしている二人だったが、
彼女がちょうど自分の母親と大学の同期だとインが気付いたとき、
さらに驚くべき偶然が~~。


「リベラ・メ」でもイイ味出していたユ・ジテ君が、
現代の優しい青年インを好演。素朴な感じでイイ。
「八月のクリスマス」にしても、「接続」にしても、
韓国映画のこうゆうラブストーリーって、なんだか日本のより
ちょっと恥ずかしくなるくらい純粋な感じじゃない?(^^;;;
同時に微妙にイライラする部分もあるんだけどね~(爆)
ラストに、同じ現代で視線だけ交わす彼と彼女。
うーーーーん、彼女のほうの老けかたが微妙・・・(笑)
スポンサーサイト
【 2006/03/22 (Wed) 】 タイトル(ら~ろ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。