Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジャスティス

(2002年10月劇場鑑賞ぶん:転記)

ジャスティス デラックス版 ジャスティス デラックス版
ブルース・ウィリス (2004/06/25)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


戦争もの、捕虜、ブルース・ウィリス・・・・・っと
予告編あたりをチラッと眺めているぶんには、正直言って、
あまり興味が沸かなかった~~なんか暗そうだし。
でも、どうやらそれだけじゃないらしいことがわかって観に行った作品。
たしかに、冒頭から戦争風景、捕虜となり収容される過酷な状況。
トーンは、くすんでて暗く重いのだけれど、
そのなかでサスペンス色がメインにしてあったので、面白かった。

第二次世界大戦時、徴兵されるが父親が上院議員だったことから肩書きは中尉。
任務も前線ではなく安全な机上の仕事だったはずのハートが、
急転、ドイツ軍の捕虜として捕えられ、それから過酷な捕虜生活が始まる。
厳寒と空爆の危機にもさらされながら、たどりついた先は収容所。
そこでも当然試練が待ち構えているわけだが、
捕虜の中の上官にも、自分が拷問で自白したことを隠したことから扱いは厳しく、
同じ捕虜同士でも人種差別があったり、ついには殺人事件まで・・・。
捕虜の中で威厳を保つ大佐マクナマラと、敵側のナチス将校ビッサーの対立が
ともに只者ではない雰囲気を漂わせている。

殺人事件の容疑者の弁護人としての任務を与えられ
自分なりに正義を貫こうとする若きハートが目の当たりにした衝撃の事実。
さらにもうひとひねりがあって、見事なサスペンスになっていた。
マクナマラ役のブルース・ウィリスも、なかなか彼ならではの役。
脚本の段階で一度この役を断り、練り直した結果引き受けたらしいが、
それはやっぱり結末と関係あるのかな・・・なんてね。
そして当初はエドワード・ノートンも興味を持ったと言うこの主人公ハート役の
コリン・ファレル。
次は、「マイノリティ・リポート」でトム・クルーズを食うか~?(爆)

スポンサーサイト
【 2006/03/30 (Thu) 】 タイトル(さ~そ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。