Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アバウト・ア・ボーイ

(2002年10月劇場鑑賞ぶん:転記)

アバウト・ア・ボーイ アバウト・ア・ボーイ
ヒュー・グラント (2006/06/23)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
この商品の詳細を見る


まさにヒュー・グラントのための作品って言うか、こうゆうタイプの男性を
軽~くやらせたら、今のところ独壇場ですねぇ。
さすがにだいぶ老けてきた・・・って言う感も否めないので、
そうそういつまでも見た目が対応できるか~って気もしなくはないけども(爆)
でも、もっと若い頃のヒュー・グラントより、ずっと個人的には好感もてます。
以前は、あんまり好きじゃなかったもん(^^;;;

亡くなった父親が、クリスマスソングで一発当ててくれてたもんだから
その印税で暮らしは気まま、定職に就いたこともないと言う、まぁ羨ましい限りの男性ウィルが、
マーカス少年との出会いによって、急にこれまでと違って身辺賑やかになる~。
マーカス少年は、夫と別れた母フィオナとの母子家庭。
しかも時折うつ状態に陥る彼女は、自殺未遂まで起こすし・・。
学校でも彼は変人視されていて、イジメにもあっていて~。


このマーカスとウィルの関係が、ホントに面白かった。
ともかくも初めは、穏やかな”空っぽ”の日常をかき乱すマーカスを迷惑に思ってたウィルが、
いつのまにかどこか父親のようなボスのような愛情が芽生えてくるんだもんねぇ。
互いに不思議と惹かれあう、認め合うものがあったんでしょうね。
そして、ラストには、彼らの周りも含めて、なかなかイイ感じの将来を思わせるようなハッピーエンド。
うん、なんかイイじゃない~(^_^)v


スポンサーサイト
【 2006/03/30 (Thu) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(2)
TBありがとうございましたぁ♪
いや~本当に良かったです!最後の恋人同士、友達同士、大切な家族の食事の準備シーンで、心がポッカポカになれますねぇ!
久しぶりに良い映画を観ましたヾ(´∀`*)
(食わず嫌いをしていて損してましたぁ、私:苦笑)
【 2007/09/11 】 編集
>33taroさん
ねー、なんか意外なヒューさんの魅力でしたよね♪
そうそう周りの雰囲気も良くて、ホゥ~っとする
温まる感じで良かったデス。
【 2007/09/12 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。