Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

9デイズ

(2002年10月劇場鑑賞ぶん:転記)

9デイズ 9デイズ
アンソニー・ホプキンス (2006/01/25)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
この商品の詳細を見る


潜入任務も大詰めとなっていたCIA諜報員ケヴィンが、
ベテラン諜報員オークスの目の前で非業の死を遂げる。
テロリストが注目する戦慄のポータブル核爆弾の売買を成立させ一味を捕え
合衆国壊滅の危機から救うには、彼の存在が必須だったのに・・。
まぁ上手いことに(爆)死んだケヴィンには、
実は生まれてすぐ引き離されたジェイクと言う双子の兄弟がいて、
彼をケヴィンに仕立てて、予定通りの作戦を継続させようとするCIA。
双子とは言え、およそ性格の違いそうな兄弟なので、
早々に死んじゃうケヴィンは、おとなしい優等生タイプ。
後を引き継ぐジェイクは、根っから落ち着きの無いお調子者(爆)
結果二役となるクリス・ロックだもんね、賑やかさも当然。
もうあれ以上うるさかったら限界よ・・・っと際どいとこかも(笑)

もちろんオークス役の重鎮アンソニー・ホプキンスも渋いベテラン諜報員役がキマってるし、
彼らの周りのCIAなメンバーたちも、それほど有名な俳優さんっぽくないんだけどイイ感じ。
特に、シールだっけな、オークスの部下で、わりと常に活躍してた人。
ガブリエル・マクトって言う俳優さんらしいけど、けっこう好み~(*^_^*)
最後、えっ撃たれちゃったのっっ!!( ̄□ ̄;)!!だったら、無事生きてたし♪
それにしても、老若、動と静、対照的な凸凹コンビのアクションものって、
なんかやっぱり王道って感じね。


スポンサーサイト
【 2006/03/30 (Thu) 】 タイトル(英字・数字) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。