Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アイ,ロボット

(2004年9月劇場鑑賞ぶん:転記)

アイ,ロボット 通常版 アイ,ロボット 通常版
ウィル・スミス (2005/02/04)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


近未来な話なんだけれども(30年後くらいに、あそこまで
ありえるか?ってとこは微妙よね(^_^;))
主人公スプーナー刑事の部屋が妙にレトロ(?)なとこや、
意味ありげな夢に毎回うなされて目覚めていたり
傷跡の残る左腕の描写が何も説明がないわりにシツコイなぁ~っと思っていると・・・そうゆうわけだったのね。
しかし、ウィル・スミス。
ロボット相手に、走っても劣らない(爆)
彼のアクションは、やっぱり見栄えしますね。

共演にはブリジット・モイナハン。
わりと知的かつ行動的~ってキャラでの主人公を補佐する役どころって言うの最近多くないですか?このかた。
「トータル・フィアーズ」や「リクルート」あたりにしても。
特に好き嫌いが目立たない、かつ主人公を食わない~タイプの
相手役女優として重宝なのかも。
ただ、この人の以前の作品「コヨーテ・アグリー」では、
もっと強烈に主張するタイプだったので、
地味に脇キャラに定着しちゃったのね・・・って感じがします。

もうこの人がチラッと登場したら悪役以外の何者でもないだろう(爆)・・ってくらいのブルース・グリーンウッド演じる会長の結末が予想外でした。
スポンサーサイト
【 2006/07/04 (Tue) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。