Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リターナー

(2002年9月劇場鑑賞ぶん:転記)

リターナー〈スタンダード・エディション〉 リターナー〈スタンダード・エディション〉
金城武 (2003/03/07)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る


荒廃し危機に瀕した未来から、そのそもそもの原因を変えるべく
一人の少女戦士ミリが現在へ時空を超えてやってくる。
(うーーむ、どっかで聞いたことありそうな話~~ではあるなぁ(爆))
彼女が”落ちてきた”場所で、ちょうどマフィアと闘っていたミヤモトに
協力を強引に求め、彼を相棒にターゲットとする、地球に最初に現われた未来の敵、”ダグラ”を退治しに行くのだが、
その真実は・・・。
ともかくも、ミヤモト役の金城さんが、メチャクチャ格好イイ~(*^_^*)
さすがに国際派スターだけあって、スクリーンで観てて絵になる。
ミリ役の鈴木杏チャンも、可愛いし(格好は戦士なだけあってボロボロなんだけどねぇ~(^^;)
この二人の組み合わせ、なかなかイイじゃん。

さらに、武器・情報屋謝役の樹木希林がまたイイんだわ、味があって。
思いっきり悪役に徹した溝口役の岸谷さんもブチキレてて凄くイイんだけど、
岸谷さんだからこそ、もうチョットさらにインパクトがあっても良かったかなぁ~っと思った。
まぁ岸谷さんに限らず、悪役陣がね、うーーん、もうあと一歩なのよね、怖さが。
なんかそこらのヤクザのチンピラにしか結局は見えないところが、チョット不満なとこ。
悪役が安っぽい感じすると、なんかチョット物足りないのよねぇ。
特殊効果映像とか、けっこうイイ感じな部分も多いのだけど、
ふとチャチないわゆる日本映画だなぁぁ~っと思わせる部分もあるのは、
そこらへんが足りないんじゃないかしら・・・。
直前に、「バイオハザード」で、映像などのシャープさを観たから、特にかもしれないけど。
でも話の筋的には、「リターナー」の方が面白かったような気もするのよ。
特にやっぱりコッチも斬新ってわけでは無かったけども。
スポンサーサイト
【 2006/03/31 (Fri) 】 タイトル(ら~ろ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。