Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アナトミー

(2002年9月鑑賞ぶん:転記)

アナトミー アナトミー
フランカ・ポテンテ (2005/09/28)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る


あの「ラン・ローラ・ラン」でヒロインを演じたフランカ・ポテンテ主演の
医学ホラー(スリラー?)

優秀な成績で、名門大学の解剖学のセミナーに合格した女子大生パウラが
その解剖学の研究室で、秘密結社による危険な薬を用いた
人体実験とも思われる隠された秘密があることに気付き
勇敢にも挑んで行く・・・。
もともと医学一家。
父は普通の開業医らしかったが、祖父はかなり著名な医学博士のようなパウラ。
父のような平凡な医者と言うより、祖父を崇拝し自分も優秀な医学博士に~っと
熱意に燃える日々だったわけだが、
恐るべき実体に遭遇し、しかもその本家本元の昔の研究者が祖父であったと言う
事実を知る衝撃~!
ほとんどサイコな医学生野郎たちから追いつめられ、パウラ自身にも危機が迫る!


「ラン・ローラ・ラン」の赤毛のイメージからすると、チョット違うフランカ・ポテンテがそこに居たが、
でも相変わらずの迫力、勢いのある女優さんだ!
生きたまま人体にメスを・・そして標本に~~(>_<)なぁんて、
もっとグロテスク一辺倒なホラーなのかともチョット不安だったが、
たしかに血生臭いシーンもあっても、なかなかサスペンススリラータッチで展開もしている、けっこう面白かった。
DVDでレンタルしたのだけども、監督の解説部分で、
ハリウッドのホラーを意識したとか。
だからか、わりと娯楽作って感じでヨーロッパ作品によくあるタルさ(?)は
あまり感じなくて済んだ。
まぁ、これは、好みの問題かと思うけどね。
そうゆういかにもヨーロッパ的なノリを期待する人には、つまらないかも。
スポンサーサイト
【 2006/03/31 (Fri) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。