Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エージェントレッド

(2002年9月鑑賞ぶん:転記)

エージェント・レッド エージェント・レッド
ドルフ・ラングレン (2001/11/22)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


ドルフ・ラングレン主演のアクションもの。
イヤァ、しかし、面白くなかったぁぁ~(>_<)(爆)

もともとアメリカで開発された恐るべき細菌兵器が旧ソ連時代に盗み出され、
今度はロシアがアメリカに返還すると言う。
その輸送任務を細菌兵器専門家と協力して潜水艦で護衛する役目を任されるのが
主人公のヘンドリックス大佐なわけだけれど、
そのタイミングを狙って、かつてソ連でその兵器によって汚染され壊滅させられた村のテロリストグループが、
アメリカ、ロシア両国に向けてミサイルでその兵器を撃ち込み復讐しようとする
から潜水艦内は大変なことに・・・。

・・・ってまぁ、こう書けばそこそこ(よくあるネタ、使い古しの感はあっても)
緊迫したり面白かったする場面もあるかと思うのだけれど、
面白くない~(>_<)
B級以前の超低級・・・ドルフ・ラングレン作品にも、たまに
(っつうか、最近よく?(^^;)あるのよねぇ。

これって、劇場公開作品?
映画館で観たら、嘆くだろうねぇ・・。
潜水艦舞台のものって、それほどハズレってないような気もするけど
やっぱりなかには、あるのね。(爆)

スポンサーサイト
【 2006/03/31 (Fri) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。