Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サイン

(2002年9月劇場鑑賞ぶん:転記)

サイン サイン
メル・ギブソン (2006/01/25)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

この商品の詳細を見る


これはねぇ、あのTVCMなどの雰囲気やコレまでの予告からすると
SF?ホラー?エイリアンものなわけ?なぁんて感じの印象だけど、
たぶん、家族愛の作品でしょう~~っと思います。(^_^;)
まずオープニングにオヤッ(@_@)デシタ。
だって、とってもクラシックっつうか、その昔のヒッチコック作品風?って感じで
そのへんでまず、ん?これは・・・って思いましたねぇ。
まぁでも、σ(^_^)もこの作品に興味持ったのは、そもそも宣伝や予告どおり、
ミステリーサークルが出てくるあたりのその感じにソソられたわけですが、
でも、しっかりSFを観たくて期待して観に行った人は、スカされるかも~(笑)
ホラー度としては、飛び上がるほどの瞬間驚愕度って言うのかな、
その驚かし具合から言えば、「バイオハザード」の上をいくような感じデス(爆)

で、それがなぜ愛の物語なのかと言えば、思いっきり内容に触れることになっちゃうので書けませんが(^^;
しかもまた随所に笑える部分が用意してあって、実際劇場で笑い声がドッとあがりました。
ナイト・シャマラン監督、なんかこう、遊んでるんだか真面目なんだか・・・って感じで。
ご本人の出演者としての露出度も、今作またドーンとアップです。
主人公のメル氏も良かったけど、その弟役を演じたホアキン・フェニックス。
最近この人けっこう好きデス(*^_^*)
子役の二人も可愛かったですね~。
たぶんこの作品は、賛否大きく分かれるような・・・σ(^_^)は好きなほうです。
グッと中身を凝縮して、1時間ドラマものにしたりすると、アウターリミッツとか
古くはトワイライトゾーンみたいな、そうゆう系統にもなるかな~って感じ。

スポンサーサイト
【 2006/03/31 (Fri) 】 タイトル(さ~そ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。