Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

記憶の棘

10月4日劇場鑑賞

記憶の棘 オリジナル・バージョン 記憶の棘 オリジナル・バージョン
ニコール・キッドマン (2007/03/23)
ハピネット・ピクチャーズ

この商品の詳細を見る


ニコール・キッドマンは好きな女優さんなので、なんとなくコレも観たかったわけですが、
もし別の女優さんが主演だったら・・・観たかな?っと思えるような、
どちらかと言えばベースが静~かな作品です。

夫ショーンを急死によって失った妻アナ。
深い哀しみにくれていたアナが、10年後にようやく再婚の決意をする。しかし、そんなアナのところに、亡き夫ショーン(の生まれ変わり)だと名乗る少年ショーンが現れ、再婚するなとアナに迫る。

もちろんたちの悪いイタズラだと思うアナや再婚相手となるジョゼフや
周囲の人たちだったのだが、
少年の一途な訴えから次第にアナは、ほんとに亡き夫の生まれ変わりのように思えてきて・・・。

特に派手さのない、ホントにしずーーーかな作品なわけですが、
名優たちの中にあって退けを取らない演技のショーン少年役のキャメロン・ブライト君が、この作品でもその目ぢからも発揮してスゴイです。
再婚すると言う相手ジョゼフ役の人が、私的には全く好みじゃなかったので(爆)そんなオッサン(しかも思いっきりキレたときは、尋常じゃなかったし)と再婚するのは、そうでなくてもやめといたほうが~>アナっと思ったのでしたが。^_^;

結局、微妙に絡んでいたクララ(演じるのは、私とっても苦手なアン・ヘッシュ!(爆))の件もあり、
ショーン少年がそれまでの主張をひるがえし、さらなる混乱・・・。

チョットだけガッカリしたのが、アナが、自分からジョゼフのところへ
謝罪と復縁を願いに行ったこと。
フーーン、そうなのか・・どっちにしてもやめちゃえば良かったのに、
っと思えたのは、やっぱり好みの問題大きいかな?(爆)
スポンサーサイト
【 2006/10/09 (Mon) 】 タイトル(か~こ) | TB(1) | CM(2)
不思議?
わたしもあのショーンは本物だと思ったのですが、結局どっちだったんでしょうね? そしてジョセフはわたしもダメでした。だけどあのピアノのシーンの激しい暴れっぷりには、笑うシーンじゃないのに、つい大笑いしてしまいました。あの演奏に呼ばれてた人たち、びっくりしたでしょうね~。
こちらからもつなげさせていただきます。
【 2007/06/12 】 編集
なんだか独特な雰囲気の作品でしたよね。
ニコール主演じゃなければ、ほとんど守備範囲外みたいで観なかったかも~(爆)
あんなに激高するタイプの人だとわかっても
それでも結婚する?って思いましたよね、ジョセフって。^_^;
たしかそのあと、トゥモローワールドにもあの俳優さんが出てて、あ、ジョセフだって思いました。
TBありがとう♪
【 2007/06/17 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

記憶の棘
Birth (2004) Directed by Jonathan Glazer"You can think what you want, everybody can think what they want." 記憶の棘 オリジナル・バージョン 10年前に最愛の夫を失った女性アナ(ニコール・キッドマン)は、長い間求愛してくれていたジョセフ(ダニー・ヒ
【 2007/06/12 】 Comedy Show


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。