Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

7月24日通りのクリスマス

11/7劇場鑑賞

7月24日通りのクリスマス ~リスボンからのプレゼント~ 7月24日通りのクリスマス ~リスボンからのプレゼント~
大沢たかお、 他 (2006/10/20)
レントラックジャパン

この商品の詳細を見る


↑は、ナビゲートDVDらしい・・。

パンフレットも赤と緑の思いっきりクリスマスカラーだし、
少々早いクリスマスムービーですかね。
他の何作か(”天使の卵””ただ、君を愛してる””虹の女神”)と選択を迷ったんですが、
上映時間の都合で、コレになりました。
(加えてDNAの関係もあるかも・・・(謎爆))

スタッフがどうやらそうらしいので、あの「電車男」の夢見る乙女版・・・っと言う雰囲気でもありそうなんですけど、
ヒロインの中谷美紀チャンも憧れの王子様役な大沢さんも
もうそれほど若いっって言うイメージではないので(シツレイ~^_^;)
いつまでもイイのか夢見ていて・・・っと言う感じではあるのですが・・・(爆)

舞台は長崎、その町で育ち地味に市役所で働くダサいサユリがヒロイン。崩してもやっぱり微妙にキレイな中谷さんでしたが(笑)。
学生時代からの憧れの王子様との再会と恋によって、変化していくサユリでした。

長崎=リスボン
・・・で、サユリの妄想が常時行われるわけですが、
まぁねぇ、たしかにね、港町には違いないわけで、路面電車や
その風景、一部の建物の外観など、似てなくはないけども
オミゴトな妄想デシタ(笑)
まずこの映画を観て、素敵だなぁ、長崎行きたいなぁ~っと漠然と
思う人もいるだろうし、要所要所に観光スポットも散りばめられているし
長崎観光お誘い作品として、じゅうぶん役目を果たしてるかもデス。
背景固定なのに、全く長崎を感じさせない言葉に終始したのは
かえって潔くて良かったデス。
つまりは、舞台背景の絵として”長崎”を使っただけなんですけどね^_^;


そして、さすがに、あそこからあそこへを走ってどうやって着く・・・っと
風景に馴染みのある者としては、オイオイっの場面もありますが
まぁそれはもちろん映画だから・・(爆)

大沢さん「解夏」でも長崎人な役どころだったと思いますが、
顔立ち的には、およそ長崎顔(勝手に(笑))ではないかな。^_^;
むしろ、弟役の阿部君、先輩の旦那役の沢村さん、同級生役の劇団ひとり氏は、かなり長崎顔でしょう。(笑)

”絵”としてではなく、ストーリーの中味としては、
フゥゥーーム、やっぱ微妙に薄っぺらいっつうか・・・。
ハッピーエンドも、なんだかこうかなり無理矢理だし、
サユリの、弟の恋人への敵視っぷりなど、そうかぁ・・・って具合だし、先輩夫婦の危機は・・・ヽ(。_゜)ノ ヘッ?って調子デス(爆)

まぁ、ポイントで無料鑑賞デシタから・・・ (((((^^;)
スポンサーサイト
【 2006/11/08 (Wed) 】 タイトル(英字・数字) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。