Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どろろ

1/31 劇場鑑賞。

どろろ オリジナル・サウンドトラック どろろ オリジナル・サウンドトラック
サントラ、Huun-Huur-Tu 他 (2007/01/24)
トイズファクトリー

この商品の詳細を見る


↑サウンドトラック。

原作は手塚治虫の漫画。
漫画も、そののち放映されたと言うTVアニメシリーズも全く見てないのですが・・・なんと言っても妻夫木&柴咲コンビの作品ってことで
興味津々(爆)
(この二人じゃなかったら、少なくても劇場鑑賞しなかったかも・・ (((((^^;))
はるか古か遠い未来か時もさだかではなく、
場所も日本・・っと言うわけではなく、大地の東の果ての国のどこか・・の戦乱の国の話。
この設定が、エスニックでもあり、妙に不思議でもあり、
しっかりと日本の時代劇になっていないところが、気に入りました。
日本の・・ってなると、きっと凄くむしろ安っぽくなってたと思う。
ロケも、最初は中国大陸を候補にしていたのを、あまりにも極寒だったため、ニュージーランドになったとか。
その自然な感じがなかなか良かったデス。そしてときおり日本国内でのロケ部分、セット部分が組み合わされているということでした。

実際のところは、わかりませんが、魔物との戦いシーンなど、
(もちろんCG多用なんだろうけど)
なんかね、よくある戦闘モノ(ホラ、あのよく日曜朝とかにやってるヤツ(笑))の岩場でのシーンを彷彿とするものもありました(爆)
百鬼丸役の妻夫木君。
あんなに小汚い格好でも、まぁなんてやっぱり美形(?)格好良いのでしょう~(*^_^*)
初登場シーンだったか、マントのようなのにスッポリと顔もほとんど隠して出てくるところなど、ゾクっとしました。
スターウォーズのアナキンが若き日のダースベーダーと化したときを
なぜか思い出してしまった・・。
どろろ役の柴咲コウちゃんは、その役柄のせいでか、
けっこうウルサイくらいなんですけど~(>_<)
これまたボロボロの衣装で顔も薄汚れてても、カワイイです。
そして、この二人の相性もピッタリな感じで、楽しんでる様子が漂ってきました。
この流れでいくと、まだ退治していく魔物があと半分残っているわけなので・・続編ありなのかしら?
もし作られるようなことがあれば、また観ちゃうかも~^_^;
スポンサーサイト
【 2007/02/02 (Fri) 】 タイトル(た~と) | TB(1) | CM(2)
続編
こんばんは、BIBIさん
 コウちゃんとブッキーって美男美女で似合うし、なんだかいいコンビでしたよね。
ブッキーの最初のマント姿にはしびれましたよ。
見るたびにいい俳優になっている気がします~
続編ぜひ作って欲しいですよね
【 2007/02/12 】 編集
格好良かった!
ホント、妻夫木君、あんな薄汚れた風な格好でも格好良かったデス(*^_^*)
凛々しかったしね~♪
続編、あればまた観たいですよねっ。
TBありがとう♪
【 2007/02/12 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

どろろ
コメント無きTBは承認致しません。 どろろ オリジナル・サウンドトラックサントラ 安川午朗 Huun-Huur-Tu トイズファクトリー 2007-01-24売り上げランキング : 7456Amazonで詳しく見るby G-Tools ★★★☆ 更紗評/実はこれだけ有名な原作ですけど 読んだことあり
【 2007/02/12 】 cinema village


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。