Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デジャヴ

3/20 劇場鑑賞。

デジャヴ デジャヴ
ビル・マーシリイ、テリー・ロッシオ 他 (2007/03/01)
竹書房

この商品の詳細を見る


↑文庫本。

まず冒頭のフェリーの出港シーン。
たくさんの人達が、それぞれ楽しげに乗り込み賑やかに、そして幸せそうに動き出すフェリー・・・
もちろん、ココできっと何か事件が起きるはず~っと身構えていると、
乗船した一台の車に仕掛けられた爆弾により、フェリーは大爆発!
場面は一転してしまう。
そして、その調査にあたるために、デンゼルさん演じるATF(アルコール、タバコ、火気局だって!)の捜査官ダグが現れるわけだが、
ココまででは、まぁ普通に事件捜査するサスペンスもの~っと言う感じだった。
(で、タイトルの”デジャヴ”は・・?ってとこなんだけど^_^;)
ダグの直感とも言えるほどの事件への嗅覚によって、
フェリー爆破犯の映像もおぼろげに発見されたりするわけだけれど、
さらに、爆破前に殺害されたと思われる若い女性の死体が発見されたり
その女性の家での光景や、不思議な自分との繋がり具合に
ダグが混乱を隠せないうちに、FBIの捜査に協力を要請される。
事件解明のため、犯人逮捕のために、見たこともないような監視装置を前にするダグだったが・・。

装置”白雪姫”が登場してから、一気にSF色が加わってきたので、
ん?こうゆう話だったのか・・
そして、その携帯版端末(?)のゴーグルを片手に容疑者追跡し始めるデンゼル氏を見ていると、これチョット外すと、かなり際どいSFチックなB級作に陥らないだろうなぁ~っと彼の作品”バーチュオシティ”
がチラっとよぎって不安にさせられたのだけれど、
さすがにブラッカイマー作品なだけあってそこはギリギリのところで
ちゃんと上手く魅せるようにもって行ってる感でさすが(爆)。
FBIの捜査の狙いとしては、装置を駆使することで、ともかくも
犯人の身元確認、逮捕だったわけだけど、
この捜査に協力させられたダグにとっては、起きてしまった悲惨な事件を防ぐこと、そしてご対面~した美しき死体の女性、装置の映像のなかではまだ生存している彼女を救わずにしてはいられなくなり・・。
この女性クレア役のポーラ・ハットン嬢、ハル・ベリーをどことなく思わせるような美しい女優さんでしたねー。
ダグを認め捜査協力を依頼するFBI捜査官役のヴァル・キルマーが
かなりお太りになっていたのが妙に痛々しかったけども(爆)
狂気(?)な犯人役にジム・カヴィーゼルが配されていたりと、
やはりなかなかに豪華デス。

ちょうど、まるで「バブルへGO!」な”タイムマシンはドラム式”(笑)によって、自ら事件発生前にすっ飛び(爆)
見事多くの犠牲を回避し、クレアも救出し、が自分は~のダグが、
ラストで・・・・さて、このあたりをどう理解したら良いものか~(・_・")?っと、このへんは深く考えても始まらないっすね^_^;
スポンサーサイト
【 2007/03/25 (Sun) 】 タイトル(た~と) | TB(1) | CM(4)
デジャブって
題名と、ちょっとイメージが違いましたよね。
私はもっと、デジャブ的な、、何かあるのかと思ってみてました。
途中で、・・BIBIさんの書いたように、
SFっぽくなって。
どこがデジャブになるのかなとも、思うけれど。

そして最後、、そうそう、、
深く考えずに、さらっと、、、(笑)
そう思いながら、私はこれ、、好きな映画でした。
【 2007/03/25 】 編集
考えすぎずに(爆)
うんうん、あんまり深く考えすぎずに
迫力と勢いで観て楽しむ映画だよね(^^)v
配役も豪華だし、展開が安っぽくないのが良かった♪
SFっぽくなったり、超現象系になると、
ホントB級と紙一重状態になりかねないので
この作品は、きっと成功作の部類だと思いました。面白かったよね♪
【 2007/03/25 】 編集
題名が・・・
こんばんは、BIBIさん。
 題名が違うだろー。ってやはのり思いましたよね。
「タイムトラベル」じゃないの。って(笑)
でも反対にソレが面白かったんですけど
ラストはあれではタイムとラベルの原則を破っているので
今後のひずみが気になりました。
【 2007/04/09 】 編集
あの装置だもんね
ホント、前に見たような気が・・・って言う感じの
意味合いのデジャヴとは、あの装置だもんね、
ちょーーっと違うだろーデシタけどね(爆)
下手すると怪しいB級路線にいきかねない筋を
面白くもっていくところなんか、やっぱブラッカイマー作品でしたね。
結果がこれでイイのか・・・って、なんか強引だけど(爆)
【 2007/04/11 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

デジャヴ
コメント無きTBは承認致しません。 デジャヴビル・マーシリイ テリー・ロッシオ 石田 享 竹書房 2007-03-01売り上げランキング : 69509Amazonで詳しく見る by G-Tools ★★★★ 更紗評/うーん。こりゃネタバレなしで感想は書けないな。 ズバリ面白かったわー 予告だと
【 2007/04/09 】 cinema village


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。