Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バベル

5/16 劇場鑑賞

バベル-オリジナル・サウンドトラック バベル-オリジナル・サウンドトラック
サントラ、チャベラ・バルガス 他 (2007/04/11)
ユニバーサルクラシック
この商品の詳細を見る


↑サントラ

3大陸4言語、世界規模のスケールで人類の絶望と希望を描く
衝撃のヒューマンドラマ・・・・ってことで、
オスカーノミネート等もあり、話題に事欠かなかった作品ですよね。

もちろん、俳優陣もなかなかに豪華だし、
アメリカ、メキシコ、モロッコ、日本・・っと繋がる群像劇。
そのそもそものスタートは、モロッコで少年らが放った一発の銃弾であり・・。

群像劇と言うと、この前年のオスカー、作品賞を獲った”クラッシュ”がすぐ思い浮かびますが、
別に比べてもどうかとは思うけども、私はクラッシュのほうが単純に好きデシタ^_^;
なんかね、バベルって、で、何?何がテーマ??ってのが
私にはあんまりピンとこなかった (((((^^;)
クラッシュのほうが、まぁあれはあれで出来すぎなほどの偶然、繋がりだらけの群像劇なんだけど、堪能できたし入り込めたし、
なんとなく堪能できて満足デシタから。
バベルは、そこいくと、なんか繋がり具合が不自然っつうか、
どう意味あるの・・・って具合で。


まず、モロッコの兄弟。
厳しい生活のなかで何気に道具として渡されたライフルによって悲劇が起きる。
兄弟で張り合うかのように銃の試し撃ち~っと言っても、
何も遠くを行く普通のバスを標的にしなくても・・・スナイパーじゃないんだから~っと。
あの自然のなかの素朴な兄弟だからこそ(これが戦乱の地ならまだしも)唐突すぎて哀しいほど。

で、そのモロッコに出かけたアメリカ人夫婦。
少し前に末っ子をおそらく突然死によって亡くし、そのせいもあって夫婦の絆がかなり揺らぎ、旅行に来てるわけだけれど・・・
なぜにはるばるモロッコ?あんなまだ幼い二人の兄妹を預けてまで?
これでその兄妹に何かあったら、どうしただろう・・・理解不能。

その兄妹を長年お世話してることもあり、預かったメキシコ人乳母。
ちょうど息子の結婚式があり、不慮の事故で戻ってこれないアメリカ人夫婦のために、子らを連れてしょうがなくメキシコへ・・。
まず夫婦関係者で誰か友人とか知人とかに預けられなかったのかなぁ~ってのと、あの酔いどれお調子もんな甥の酔っ払い運転で結婚式の晩に
なにも無理やり帰らなくても、せめて翌日に~。
でも、不法労働者だったんだよねぇ、それはまずそもそも無謀なんじゃ。

で、そのモロッコのライフル、かつてハンティング旅行の際に親切なガイドにプレゼントしたと言う所有者が、日本人男性だったわけで、
その一人娘が、聾唖でもあり、父との心の溝に葛藤する日々を送っていて・・。
でも、なんでノーパン・・・。
さらには超豪華マンションに刑事を招き入れ裸・・・。
っとなんかこのあたりも、理解できる範疇には遠く~。
しかも、亡くなった母親ってのが、猟銃自殺って言うのだから~。
最後、抱き合う父娘(まだ裸だし)の様子を見るにつけ、
ひょっとして父娘間のただならぬ関係?それで母は自殺?
なぁんて、きっとおそらく全然違うと思うけど、そんな解釈までしそうになりました (((((^^;)

などと、ウーームな点が目に付いてしまったので、
余計に入り込めなかったかな。

あとね、やっぱブラピは、あんな目の下にタプタプした老けメイクなど
させずに(爆)素敵な格好良すぎるほどのブラピがイイな~♪

モロッコの兄弟、及び、親切なガイド君、
その他大勢のエキストラもそうだけど、この主要メンバーも素人さんだったのには、ビックリ。
スポンサーサイト
【 2007/05/17 (Thu) 】 タイトル(は~ほ) | TB(1) | CM(2)
想像していた以上につまらなかったです。爆
特に、凛子さんの演技は、もうトラウマものでした。彼女を見る度に、思い出しちゃう、あの歯医者さんの演技。。。。おぇっ。
モロッコの坊やたちもガイドさんも素人さん。
あら~驚きました。
私は、この映画、ガエル・ガルシア君目当てに見たのですが、それすら満足出来ずに、後悔してしまいました。
アカデミーにノミネートされる映画は、高尚すぎて分かりません。涙
【 2008/03/01 】 編集
>びちさん
なんかね、期待して観ると・・・うーーーむ(・へ・)って感じの作品でしたよね。
凛子嬢は、上手いのかもしれないけど、
あの役柄そのものが、なんだか意味不明な。
あの家庭自体、なんだか理解不能だよね(爆)
ガエル・ガルシア君は、またどーーしようもないキャラだったし、かなりもったいなかったよねぇ。
TBありがとう♪
【 2008/03/02 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

映画「バベル」
バベル スタンダードエディション(2007/11/02)ブラッド・ピッド.ケイト・ブランシェット.ガエル・ガルシア・ベルナル.役所広司.菊地凛子.二階堂智....
【 2008/03/01 】 びちのお気に入り


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。