Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カオス

DVDにて鑑賞

カオス<CHAOS> DTSスペシャル・エディション カオス DTSスペシャル・エディション
ジェイスン・ステイサム (2007/04/25)
ハピネット
この商品の詳細を見る


タイトルにもなっている”カオス”理論とは、
初期の誤差が増幅され将来は予測不可能になる、
つまりは、バラバラに見えた物事も最後には全ての断片がピッタリはまる現象が導かれる・・・・ってな感じのことらしいが、
伏線だらけで作られる映画の題材にはもってこいよねー(爆)
ただ狙いすぎてイマイチになったり外されたりする場合もあるけど、
近年では、「バタフライエフェクト」あたりも、この系統の成功例な作品かな~。

で、この作品、メインの出演者、パッケージを飾るお三方。
ジェイソン・ステイサム、ライアン・フィリップ、ウエズリー・スナイプス。
この見事に全く個性の違いそうな(見た目も(爆))タッグがスゴイでしょう~?
劇場公開は去年の11月らしいけど、地味~にやってたのかな、
近場でやってたら、まず絶対観に行ってたのに。



冒頭では、カーチェイスの末に人質をとっての強盗犯へ刑事が接近。
説得も実らず人質女性も犯人も銃撃で死亡と言う最悪の結末が。
そしてその数ヶ月後、今度の現場は銀行強盗。
そこでもまた多くの人質が取られ、犯人(ウエズリー・スナイプス)の要求で現場に呼びつけられたのは、前事件で停職処分中の刑事コナーズ(ジェイソン・ステイサム)。
警部の指示により彼の相棒を命じられたのが新米刑事なデッカー(ライアン・フィリップ)。
・・っと、こうゆう三人の役割分担なわけね(爆)
この銀行たてこもり強盗事件も、突入の失敗もあり爆破騒ぎに乗じて
犯人らは逃走、さらに銀行から盗まれた物がないことも判明し謎だったのだが~。
新米刑事デッカーが細かいことに気付いたりしていくことで
思わぬ事実が判明し展開していく。

「DVDでーた誌」の作品紹介記事に”3人がそれまでのイメージを一新するキャラを演じている。役者に先入観を持って見ると騙されるかも”
って書いてあったが・・・たしかにねぇ~って感じ(謎爆)

ライアン・フィリップ君のアクションシーン(バイクでのカーチェイスなどもあるもんねー)が、かなり珍しい気がした。
ともに武闘派キャラ(爆)なジェイソン・ステイモスとウエズリー・スナイプスの直接対決シーンを期待したけど、それは・・・。
こうゆう結末と、きっと別パターンも検討したんじゃないかなぁ~って
いう感じのラストでした。

スポンサーサイト
【 2007/05/30 (Wed) 】 タイトル(か~こ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。