Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クローズド・ノート

10月3日劇場鑑賞。

映画「クローズド・ノート」Music Movie with YUI 映画「クローズド・ノート」Music Movie with YUI
沢尻エリカ、竹内結子 他 (2007/09/05)
ソニーレコード
この商品の詳細を見る


↑ナビゲートDVD

舞台挨拶の件でなんだか話題になっちゃった”エリカ様”の作品ですね(爆)
一人暮らしを始めた女子大生香恵の引越しから物語がスタートします。
その部屋にかかった鏡の裏側(内部?)に、前の住人の荷物と見られる物が・・・その中のノートを香恵は覗きみて~。
イヤ、決してそうじゃないのは、わかっていても、この引越しシーン後のノート発見に至るとこなど、
私は、ホラーかと思いましたよ (((((^^;)
(ときどき、場面によって、やっぱホラーか・・って思うシーンが多々あったのは、エリカ様ってホラーやってなかったっけ?って思ってしまったからかな(爆))
ま、それはどうでもよくて・・・^_^;

主人公・香恵と、香恵がバイト先で出会うことになるイラストレーターな石飛さん、香恵の部屋の前の住人らしき小学校教師伊吹先生。
この3人を軸として話が進んでいきますが・・・。


そうそう、香恵の部屋に貼られた妙なポスター(だって妙なんだもん(爆))Vシネと言う設定らしいけど、普通あんなん貼る?(笑)
そのなかの男、も絡んできます。
このVシネ男をやってた黄川田ナントカって、少し前の月9で伊吹先生な竹内結子チャンと共演してましたよね、そういえば。
竹内結子チャンが、こうゆう系統のと言うか、こうゆう設定(?)な役柄があまりにも多いせいか、
結果、驚きでも意外でもない展開になってしまってるのが、
ちょっと残念かなぁ~って気がしました。
誰だって想像付いちゃうでしょ・・?

そして、もっと意味不明だったのが、あの香恵の親友の恋人(だった?)のアプローチ。
ひょっとして、なんかどんどんエスカレートして、事件かなんかなったりして・・・っと、またそうすると、ホラーになってくんですが(爆)
アレは、少なくてもこの映画のなかでは、不要でしたね。
原作は?もっと何かふくらんで展開に関係あるのかな?

そして何より、この舞台挨拶の一件があったにせよ、なかったにせよ、
沢尻エリカ嬢って、可愛いけど、もっと個性的で(内面はどうにせよ)
強いイメージのある子なので、
この作品の香恵のような、たとえば、セリフのように”私じゃダメですか~?”ではなくて、”絶対、私でしょっ!”なキャラに思えるので(爆)
この役柄は・・・・ちょっと違うかな~~っと。
じゃぁ、誰?っと言われると・・・っとチョット考えたんだけど、
同じ年代な女優さんだったら、蒼井優チャンあたりだとどう?

そして、驚いたこと。
この原作者って、「犯人に告ぐ」の雫井修介なのね。
(・・っと言っても、それも読んでません^_^;WOWOWドラマ化のソレをチラっと眺めただけです)
ミステリー作家の恋愛小説なんだ~。

スポンサーサイト
【 2007/10/04 (Thu) 】 タイトル(か~こ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。