Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キングダム 見えざる敵

10月20日劇場鑑賞。




まずは冒頭まもなくの、サウジアラビアでの外国人居住地区の平和な時間を裂く銃撃の様子に固まってしまします。
その一味として一部始終を少し離れたところからビデオカメラに撮影している仲間(?)には、少年やまだ幼い子もいて・・そして、その様子を隠すではなく、むしろはっきりと見せている~っと言うところに
空恐ろしいものを感じつつ、さらには、銃撃事件により混乱真っ只中の
現地のFBI捜査官らにたたみかけるように大爆発テロが発生し、
彼らも犠牲に・・・。

外交的には、即座に捜査官らを現地に派遣しては、サウジアラビア王国を刺激するだけだと、政府筋からはストップがかかるのだけれども、
自分達の仲間が犠牲になってしまっている以上、黙って待機していることもできず、裏からともかくも手を回して、でもなんのサポートも得られない孤軍奮闘な状態でフルーリーをリーダーとするFBIの4人のチームが現地の捜査へと飛ぶ。
しかし、サウジアラビア側としては、彼らを歓迎するわけではなく、
その内情を詮索されたくもないし、
5日間と言う期間限定で監視付きでチラっと現場を見せたと言うことで
サッサとお帰りいただくつもりだったのだが・・・。
危険を承知ではるばる現地調査にやってきた面々が黙って退くはずもなく、サウジアラビア国家警察側の気骨のある大佐の協力のもと
テロ事件の真相に迫っていく~。
実際に一部の現地ぶんの撮影場所となったのは、もちろんサウジアラビアではなく、UAEの首都アブダビと言うことらしいけれど(大半はアメリカでの現地を模してのロケなんだろうね・・)
それでも大掛かりな撮影班の受け入れは、きっと困難を極めたのではないかと想像も付く。
そして、攻防戦、緊迫した状況の様子だったりと、
どうしても強ばりながら見てしまう部分が多かった。

ジェイミー・フォックス、ジェニファー・ガーナー、
クリス・クーパー、ジェイソン・ベイトマンらの
FBI捜査官チームの面々もそれぞれ味があって巧みなのだけれども、
それより何より、現地サウジアラビア国家警察の大佐役のアシュラフ・バルフム氏がスゴイっ!そして格好良いっ!
その風貌からいって、まぁきっと役柄は狭まってきてしまうかもしれないけど、また違う作品で見てみたいなーーっと思う俳優さんでした。

監督は、ピーター・バーグ。
そう”シカゴ・ホープ”のドクター・クロンクですよね。
彼自身も、今作、FBIメンバーとしてチラっと登場してました。
スポンサーサイト
【 2007/10/21 (Sun) 】 タイトル(か~こ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。