Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アイドルとデートする方法

WOWOWにて鑑賞。

アイドルとデートする方法 アイドルとデートする方法
ケイト・ボスワース、トファー・グレイス 他 (2005/10/07)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る


これもたっぷり溜まった録画在庫のなかから~^_^;

そうそう、「トランスフォーマー」でジョシュ・デュアメルをチラっと格好良いなーー(*^_^*)っと思ったので
録画して出演作だったんだ~(爆)

思うように次の出演作がイマイチ決まってないスランプに落ち込みそうではあるものの、ハリウッドのアイドルスター(アイドルか?)タッド・ハミルトンは、スターにありがちな少々ハメを外しては写真を撮られてしまったりと、マネージャーなどスタッフは心配顔。
見事に次作を射止めるためにも、彼の好感度アップに繋がるようにチャリティーで彼とのデート権を一般公募してみたりする。
タッドの大ファンで片田舎のスーパーでレジ係をするロザリーがこの権利を見事射止めて憧れのデートへ~♪
もちろん幸運に舞い上がるロザリーなのだが、彼女を渋々送り出す親友ピートがいて・・・。

出だしの感じからすると、田舎の素人娘を自分の人気回復&大役ゲットのために利用する~って言う傲慢なスター、タッドが思いっきり描かれるんだろうな~っと思い、それがジョシュ・デュアメルの役どころか・・・・ウームっと少々先行き悲壮だったんだけれど(爆)
これが、なぜかこのタッド君、突然独断でロザリーのもとを訪ねてみたり、スタッフなどが止めるのも聞かず、自分を取り戻すために、しばらくロザリーの近くで過ごすことを決意してみたりと、
それほど鼻に付く嫌なヤツじゃない(笑)
もちろん、昔っからずっとひそかにロザリーを想い続けていたピートには脅威の存在となってしまうのだけど、
ピートは、なかなか改めて自分の想いをロザリーに告げることもできず、タッドが思いっきり悪いヤツなら、きっとサッサと喧嘩にでもなって正体を暴き・・って展開になるんだろうけど、
そうでもないから、端から勝負にならないスターを前にして萎縮するばかりで~。
スターなタッドがジョシュ・デュアメルなわけだけど、
田舎娘ロザリーには、ケイト・ボスワース。
「スーパーマン・リターンズ」の時の役柄(子持ちだったしね(爆))よりずっとキュートな感じで、可愛らしかった。
(右目と左目の瞳の色が違う~っと言うのを今回マジマジと見ちゃったよ(@_@))
ロザリーに想いを寄せる親友ピートには、トファー・グレイス。
「スパイダーマン3」の悪役ヴェノムな彼ですねー。
まぁ人の良さそうな兄ちゃんって感じの部分は良く出てたんですけど、
憧れのタッドのハートもしっかりと射止め、作品の決まったタッドに懇願され同行するロザリーが、急に自分のホントの気持ちに気付く・・・ってなるには、なんか存在が薄かったですかねぇ。
微妙な部分では、少々老けた(大人びた?)雰囲気も出すトファー君ですので、もうチョット軽いコメディ色の出せる人が良かったかもなーーって感じではありました。

んーーー。やっぱりジョシュ・デュアメル目当てで観た私なので(笑)
ピートとタッドなら、タッドじゃん?って思ってみたり。(爆)
スポンサーサイト
【 2007/11/28 (Wed) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。