Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジュエルに気をつけろ!

(2002年08月 WOWOWにて鑑賞ぶん:転記)

ジュエルに気をつけろ ! 特別版ジュエルに気をつけろ ! 特別版
(2005/07/20)
リヴ・タイラー

商品詳細を見る


WOWOWにて鑑賞。
しかもけっこう前に録っておいてそのままだった・・・その間、何度放映されたことか~。
気が付けば、また明日もあるよ(爆)

リブ・タイラーが、ド迫力なほどの豊満な姿態を武器に、
次々と群がる男達を魅了させ、望みであった理想の家を手にいれようとする魔性の女ジュエルを熱演!

ある夜、店を閉めて外へ出た途端に男に車で絡まれている色っぽい女性を救ったことから、
殺人事件に遭遇するは、職は失うは、家まで取られるは・・・のツイテない奴バーテンのランディにマット・ディロン。
取調べに来た巨漢の刑事デリングも、彼女をひと目見た瞬間から恋に落ち、
バーテンのいとこの弁護士カールも、家庭がありながらも彼女に夢中に~。
続く悲劇に思い余って彼女の始末を殺し屋に依頼するランディだったが・・・。
この殺し屋がまた、マイケル・ダグラス・・・思いっきりナンジャありゃ~の髪型だし(笑)
そして、この作品のプロデューサーでもある。
最後、家に彼女に翻弄された男達が集結するのがやたら面白い。
しかも、復讐に最後に登場して来た男の容貌は・・・あれは、マイケル・ダグラス自身の映画「フォーリング・ダウン」の姿のパロディ・・・よね?
おまけにビレッジ・ピープルの「YMCA」なんか流れちゃうし、
銃撃戦なのに、大笑いしてしまった(^^;;;

尋常じゃないくらいの悪女なんだけど、もちろん色っぽいんだけど、
なんだか憎めないキャラ、ジュエルをリブ・タイラーが大熱演♪
「アルマゲドン」なんかでチマチマ演じてるより、ずっとコッチのほうが豪快で魅力的よん。
スポンサーサイト
【 2008/06/08 (Sun) 】 タイトル(さ~そ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。