Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トータル・フィアーズ

(2002年08月 劇場鑑賞ぶん:転記)

トータル・フィアーズトータル・フィアーズ
(2004/11/25)
ベン・アフレック

商品詳細を見る


(なんたって2002年の鑑賞分デス、そっくり転記なために、内容のアチコチにズレがあります、ご容赦^_^;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トム・クランシー原作で、ジャック・ライアンシリーズと言ったら、
そりゃもう、「レッド・オクトーバーを」のアレック・ボールドウィンか
その後を2作「パトリオット・ゲーム」や「今そこにある危機」でのハリソンさんをどうしてもイメージしてしまうので、
え~~っ、今度はあのベン・アフレック?なんかイメージ違わないかぁ?っと
かなり不安ではあったが・・・。
(でも原作者トム・クランシーとしては、かなり気に入ったらしい~んでしょ?)

かつて砂漠に墜落したまま埋もれていた一発の核弾頭が
地元の者によって掘り出され、武器商人の手によって
アメリカ・ロシア間に大きな争いを巻き起こそうとたくらむグループに渡ったことから
人類破滅に繋がる大きな局面に向かって加速することになる・・・。
そこで情報を正確に分析し正しい判断を下すために活躍するのが、
ジャック・ライアンってわけだ~。
強硬派のイメージを持たれる替わったばかりのロシア新大統領のことを
事件前から誰よりもじゅうぶん正確に分析してたのもライアンで、
新大統領自身にも一目置かれていたと言うのも伏線になっている。
終盤の両国がまさに大衝突しようとする瞬間にブレーキをかけられたのがライアンなのだから。
(それも自国の大統領より先方の大統領にまず信頼されたから~ってことでしょ・・(^^;)

緊迫の2時間デシタ、なかなか面白かった、迫力アリでした。
去年の9・11のテロ事件なども現実にあるわけだし、
今回の仕掛けられた核爆弾によるテロも、凍りつくものがあった。
ただ、たしかに都市部での核爆発、広島や長崎の悲劇を考えると
メインの登場人物たちが、あれだけ近くにいたにも関わらず
(ある人物を除いて)軽傷(?)程度で済んでるのは、チョット・・だったけどね。

ハリソンさんのシリーズでは、夫人キャシーは、アン・アーチャーだったわけだけど、
それが今回はベン・アフレックに相応してブリジット・モイナハンと言う女優さん。
あくまで脇役で、見終わってもたいした印象も残らないタイプの女優さんだなぁ・・・
まぁこうゆう作品だからこそ、かえってそうゆう”邪魔にならない”女優さんの必要があるんだろうな~っと思いながら観てたけれど、
あとでパンフを観てチョットびっくり。
「コヨーテ・アグリー」で、かなりワイルドな姉御~って感じの派手で強いタイプのメンバーを演じてた人だった!
ウワァ、やっぱ女優さんて、役柄でこうも印象が違うのね~(@_@)

前作と言えば、ハリソンさんに大いに協力する工作員クラーク役でウィレム・デフォーが印象的だったのだけど
まさにその同じ役を、今回はリーヴ・シュライバー。
ベン・アフレックとともに、どっかなんかトボけた感じのするコンビっぷりでした。
(^^;でもけっこう美味しいとこ持っていってたような(爆)

あ、あとあのロシアの重鎮って感じの政治顧問役のオジイチャンもね~♪
スポンサーサイト
【 2008/06/08 (Sun) 】 タイトル(た~と) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。