Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

恋の方程式 あなたのハートにクリック2

(2002年08月鑑賞ぶん:転記)

恋の方程式 あなたのハートにクリック2恋の方程式 あなたのハートにクリック2
(2002/07/25)
デニス・リチャーズ

商品詳細を見る


長いこと密かに憧れていた会社の美女ダイアナを、
意を決してデートに誘うスタンリー。
またこれが、特に変じゃないのに、イヤ、むしろ格好イイほうなのに、
なんでだろうね、気弱な感じ?っつうか、まぁ人間的にはあまり特長も魅力もないって感じの青年ってこと?
・・ダイアナだって、彼の名前すらちゃんと覚えてないくらいだったわけだしねぇ(^^;

スタンリーの親友を含めて会社の同僚中で、二人の恋の行方に注目する。
デートにこぎつけた途端、みんな集合してどこまで発展するか、
現場での実況中継もしながら、賭ける賭ける~(笑)

意気込んでデートが始まったものの、途中でとんでもないお邪魔ムシを背負い込んでしまったことから、
なかなかスタンリーの思うように運ばなくて・・・。
二人に絡んでくる一風変わった人物フィル。
この人が、果たして何者なのか、イイ人なのか、悪い人なのか、
彼らのキューピッドになるのか、邪魔者になるのか、なんとも予想付かずで~。
しかも、スタンリーって、ホントになんか中途半端な奴だなぁ~っと
ダイアナじゃないけど、だんだん魅力を感じなくなっていくような奴だったりもして・・・。
もっとカラっと笑えて楽しめるラブコメかと思ってたけど、
そうってわけでも無いのねぇ(^^;;;

スタンリーの大親友役に、ベン・アフレック、
ダイアナの元恋人役にマット・デイモン。
仲良し二人組、この作品が二人の製作会社の第一弾作品だとか。
比較的随所に登場しているベン・アフレックに比べると
マット・デイモンは、ほんのワンシーン。
しかもなかなか嫌な奴、そして情けない役(爆)でもおかしかった(笑)

そう言えば、スタンリー役のルーク・ウィルソンとこのベン・アフレックって
ともにグウィネス・パルトロウの元彼じゃなかったっけ?偶然?(^^;
スポンサーサイト
【 2008/06/08 (Sun) 】 タイトル(か~こ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。