Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シッピング・ニュース

(2002年08月 DVDにて鑑賞ぶん:転記)

シッピング・ニュース 特別版シッピング・ニュース 特別版
(2002/08/02)
ケヴィン・スペイシー

商品詳細を見る



「ショコラ」「サイダーハウス・ルール」「ギルバート・グレイプ」の
ラッセ・ハルストレム監督の作品。
ちなみに、上記の3作品、未見デス。
濃い感動作ってのがあまり得意じゃないのと(^^;
苦手なかたがたが出演してる作品もあったりと・・・(爆)

で、そんなσ(^_^)が、今回はなんで観たかと言うと、
そりゃもう、ケビンさん主演作品だから・・・ただそれだけ(^_^;)
ちょうど劇場公開時、「光の旅人」とほとんど同じ頃に上映されてたんじゃなかったかな?
「光の旅人」の方は、無事劇場鑑賞できたけれど、
こっちは無理でしたので、レンタルを待ってました。
まぁ、結局、これは特に劇場で観なくてもじゅうぶんだったかな・・・(^^;;;

厳しい父の育てかたや(これ、でも厳しいっつうより、かなり勝手な父だったような・・)
偶然知り合い、妻にした奔放な女性の彼への接し方などから
自分にまるで自信を持てない冴えない中年男性クオイル。
そんな彼が、妻の事故死をきっかけに、故郷の島へ渡り、
次第に癒され自信を取り戻していく。
まぁもちろん、イイことばかりでなく、自分の祖先の過去に衝撃を受けたり、
父と叔母の秘密を知ったり、問題は様々起きるが、
それまでの無気力な人生が違ってきたのは確か。
クオイル役、ケビンさんの茶髪・・・なんだか昔の「隣人」を思いだしたよ(^^;;;
ジュディ・デンチや、ジュリアン・ムーア、ケイト・ブランシェットなど、
共演陣も渋いところで揃えてある。
そうそう、スコット・グレンも居たしね~~♪
彼の息子役で、「ロズウェル」のマックスことジェイソン・ベア君の顔も。
新聞社の先輩役でピート・ポスルスウエイトが居たりして、
ケビンさんと並ぶと、ついつい「ユージュアル・サスペクツ」をまた観たくなりました・・・ミスター・コバヤシ(爆)
スポンサーサイト
【 2008/06/08 (Sun) 】 タイトル(さ~そ) | TB(0) | CM(2)
ミスターコバヤシ!
(*^-^*)こんにちは。
ラッセ・ハルストレム監督は一番好きな監督なので、これもお気に入り作品…のはずでしたが、すっかり内容を忘れていました!
ケビンも良いですが、脇役さんたちが味があって良かったなと思います。

ピート・ポスルスウエイトのミスター・コバヤシ、あれは「ない!」と映画を観た時に笑ってしまいました。
ユージュアル・サスペクツ、面白いですよね!
あのラストは衝撃でした!
私も再度観たくなりました。
【 2008/06/11 】 編集
>ろびんさん
あまりこうゆう静か~な系統の作品は観る機会がないのですが(けっこう守備範囲外~(爆))
ケビンさんのとなると放ってはおけずに鑑賞しました^_^;
脇役陣の渋さと豪華さ、なかなかでしたね。
そそ、もう彼は、ミスター・コバヤシでしかありませんっ(爆)
ユージュアル・サスペクツ、たまに放映とかあってもついまた観てしまいます。サスペンスの名作だと思います♪
【 2008/06/14 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。