Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ピンポン

(2002年08月 劇場鑑賞ぶん:転記)

ピンポンピンポン
(2006/10/20)
窪塚洋介

商品詳細を見る


原作がコミックということだけれど、漫画関係は疎いので、全く知らないわけだけれど、
チラリと見かけたあの漫画のちょっとレトロな(死語?(爆))な主人公に
主演の窪塚君ったら、スキンヘッドを生かして(笑)自由自在にカツラで
近付いてましたね~(^_^;)
最後に登場した少し伸び気味の5分刈りっぽいのも、あれってカツラ?
ここんとこずっと本人はツルツルだもんねぇ。
さすが、ウィッグ提供・アートネイチャー(爆)

あ、違う違う、別に窪塚君の頭だけに注目してたわけじゃなくって・・(笑)
登場人物、全てが個性的。
ペコはもちろんのこと、スマイル役のARATA君、初めて見る彼でしたが、
はしゃぎ回る感の窪塚君と対照的に寡黙でフワーっとしたキャラで面白かった。
伏目がちな下から撮った表情など微妙に押尾学似・・・かとも思いましたが、
押尾君よりずっとイイ男かも~。
チャイナは、どっかで見た顔・・っと悩んでたら、「ジェネックス・コップ」を
観てるからだわ、σ(^_^)
また一番インパクトのあるドラゴンには、中村獅童、ハッキリ言って怖いデスあの風貌(爆)

卓球場のオババ役の夏木マリは、声だけ聞いてれば、「千と千尋~」の湯婆婆が
そこに居るようだった(^^;;;

ラストの展開、ペコとスマイルの勝敗結果とその進む道は、
結局は、そうなっちゃうのか・・・って感じではありましたが。
まぁでも、ともに本人の望む道なんでしょうね、きっと。
スポンサーサイト
【 2008/06/08 (Sun) 】 タイトル(は~ほ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。