Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

D-Tox

(2002年08月 DVDにて鑑賞ぶん:転記)

D-ToxD-Tox
(2007/05/10)
シルベスター・スタローン

商品詳細を見る


スタローン主演のサイコスリラー・アクションもの。

警官ばかり狙った連続猟奇殺人事件が起こり、
FBIも捜査に乗り出すが、なかなか犯人逮捕に至らないまま
今度は、捜査官マロイの恋人までも犠牲に・・。
犯人は、彼に恨みを持つ人物らしく、現場で挑発的な電話もかけてくるが~。
恋人の命を守れなかった失意から酒に溺れた生活に堕ちてしまったマロイは、
自殺も図ってしまうほど・・。
同僚の半ば強引なすすめで警官専門の更生施設に入所することになるが、
殺人事件は、今度は場所を変え~~。

最初マロイの周辺の都市部で起こる事件かと思えば、
彼が雪深い更生施設に入所したことから、
雪に閉ざされたほとんど陸の孤島のような山岳の施設の密室殺人事件に一変する。
そこに居合わせた他の入居者たちなどメンバーも、元警官とは言え、
誰をとってもじゅうぶん怪しい風貌で、
かねてからの猟奇殺人者がいったい誰に化けているのか~っと言う犯人探しとなる。
もったいないくらい、サッサと殺されてしまい退場しちゃうメンバーも次々だし(爆)

犯人がそこまでマロイを恨み執着する原因があんまりはっきりしないのだけど、
サイコな奴なわけだから、理解不能ってことかしらね。
まぁそれにしちゃ、マロイの入所のタイミングをしっかり計って行動してるあたり
用意周到なわけだけど。

アッと言う間に退場と言えば、犠牲になってしまうマロイの恋人。
「ザ・シークレットエージェント」のホリディことディナ・メイヤー。
うーーん、ホリディだったら、もっと強いのに~~~なぁんてね。(^^;;;
スポンサーサイト
【 2008/06/08 (Sun) 】 タイトル(英字・数字) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。