Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジェヴォーダンの獣

(2002年08月 DVDにて鑑賞ぶん:転記)

ジェヴォーダンの獣 ― スタンダード・エディションジェヴォーダンの獣 ― スタンダード・エディション
(2002/08/23)
ヴァンサン・カッセル

商品詳細を見る


舞台は、18世紀半ばのフランス・ジェヴォーダン地方。
なんでも史実に残ると言う、正体不明の獣が次々と女性達を襲い惨殺する事件。
王からその調査を依頼された博物学者が従者を伴って現地に入るが・・・。

ともかくも、中盤まで、従者であるネイティブアメリカン、マニ役の
マーク・ダカスコスが格好イイ~♪
チョット奇異な髪型や全身のタトゥーなどのとっても濃い役ではあるけれど、
まぁ無駄のない肉体美っつうか(*^_^*)、アクションもさすがにキマってて見事だし。惚れ惚れするねぇ~。
終盤は・・・だって、退場しちゃうし・・・(T.T)
替わって、急にいちおう主役(?)な博物学者のフロンサックが、嘘のように強くなるんだけど~(爆)
まるでマニが乗り移ったかのように。
フロンサックが想いを寄せる貴族の令嬢マリアンヌってのも居るんだけど、
なんと言っても、謎めいた娼婦役でモニカ・ベルッチが出てるわけで、
到底見た目で、彼女には勝てません~(笑)
貴族ジャンには、ヴァンサン・カッセル。
「エリザベス」あたりでも白塗りで妙な役だったと思ったけど、
今回もやけにナマっ白い怪しい役を怪演。
でも、たしかに個性的な顔立ちの(一歩間違えるとけっこう妙な(^^;)俳優さんだけど、
意外と好きだったりするんだよねぇ~(*^_^*)
スポンサーサイト
【 2008/06/08 (Sun) 】 タイトル(さ~そ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。