Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コラテラル

(2004年11月劇場鑑賞ぶん:転記)

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション
トム・クルーズ (2005/03/04)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


トム・クルーズの「コラテラル」

まぁおそらくもちろんトム氏が主演となるのだとは思いますが、
メインとして右往左往と(爆)活躍するのは、タクシードライバーであるマックス役のジェイミー・フォックス君でしたね。
タクシー会社で勤続12年、やがて自分のリムジン会社を~っと言う漠然とした夢を持ちながらも
大事に飾って持っているモルディブ諸島の風景に心を飛ばしながら、日々の生活を続けている、そんなどちらかと言うとマジメで平凡なタクシードライバー。
そんな彼がある夜乗せてしまったひとりの男ヴィンセントによってとんでもない目に遭遇することに・・・。
まさに”巻き添え”なのでした。(爆)
自分の”仕事”を効率良く(?)果たすためにマックス運転のタクシーを利用するヴィンセントなわけだけれど
途中でチラリと出てきた話の様子からだと、前の仕事を果たしたところでも、同じようにタクシーを利用し、そしてドライバーは・・・だったみたいですよね。
・・・ってことは、もちろん、この仕事が無事に終了のときには、マックスへの処置は、残金をはずんで支払うだけではすまなかったわけよね、きっと。
それが、ヴィンセントにとっては予想外に手こずってしまうことに~~^_^;
(イヤ、たしかに、ヴィンセントは、その道のプロ、マックスは単なるタクシードライバーなわけで、
結末あたりを考えると、ウーーーム、急に手強くなったなぁ、コイツ~って感じでしょうか(笑))

二人に絡んでくる女性検事アニーには、ジェイダ・ピンケット・スミス。
そう、ウィル・スミスの奥様ですね~。
知的でお洒落な役柄でもあるしメイクなどの具合からでしょうか
「マトリックス」シリーズなどでの彼女より数倍美しく見えました(爆)

そそ、冒頭、ほんの一瞬の登場シーンに(ヴィンセントに”仕事”の鞄を手渡す役よね?)「トランスポーター」なジェイソン・ステイサムが何気に出てましたね。
これも”運び屋”稼業なのかしら~(笑)
スポンサーサイト
【 2006/07/14 (Fri) 】 タイトル(か~こ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。