Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幸せになるための27のドレス

DVDにて鑑賞。

幸せになるための27のドレス<特別編> [DVD]幸せになるための27のドレス<特別編> [DVD]
(2009/06/05)
キャサリン・ハイグルジェームズ・マーズデン

商品詳細を見る


”プラダを着た悪魔”の製作チームによるラブコメ。
劇場公開時に観損ねたため、レンタルになってから鑑賞しようとずっと前から用意はして、在庫の山に埋もれてそのままになっていたのだけど、ちょうどWOWOWでも放映だったりもしたし、もういい加減観とこう~っと思い鑑賞。(それだけ、後回しになってしまった・・・ってことですかね~(爆))

主演は、「グレイズ・アナトミー」や「ロズウェル 星の恋人たち」(私にとっては断然コッチですかねぇ)のキャサリン・ハイグル(やっぱこれも”キャサリン・ヘイグル”です、ロズウェル時代の^_^;)。
ロズウェル~のヒロインのリズが大の苦手だった為もあり(笑)、言ってみれば脇のイザベル役の彼女のほうがけっこう好きでした(爆)。一方、グレアナでは、かなりウザい(?)イジー役なはずですが、こちらもどっちかと言うとヒロインのメレディスが苦手なので、どんなにウザかろうとイジーはけっこうOKなんですが・・・ (((((^^;)。(・・・っと、全く本作品と関係ないわね~(爆))

社長秘書のジェーンは、その少女時代から”結婚式”が大好き。ついつい友人の結婚式には必要以上に東奔西走してでも張り切って花嫁付添い人を務めてしまう、それが高じて自宅クローゼットにもそのブライズメイドなドレスがギッシリと詰まってしまうほど、手帳にもそのスケジュールもビッシリ。
(だからと言って、別にウエディングプランナーとかの職業に就いてるわけじゃないから、やっぱあくまでも趣味なんでしょうねぇ。)
そして、そんなジェーンだけれど、ひそかに社長のジョージにはずっと憧れていて、彼のために仕事をこなすことも生きがいの一つ。そんなところに、妹テスが現れ、地味~に憧れ続けていたジョージをあっと言う間にかっさらってしまう思わぬ事態が。
また、新聞記者のケビンは、偶然出会ったジェーンに自分の担当記事”ブライダル”絡みで興味を持ち接近。最初は反発しあう二人が、いつの間にか好意を抱いていくのだが・・・。
真面目でお人好しな姉と、奔放で欲しい物を手に入れる能力に長けた妹、って言う構図で、キャサリン嬢が姉のほうの役柄に回るんですねぇ~って、なんだかこれも時の流れか・・・(爆)。
まぁ、まんまとテスの術中にはまりコロっと騙されて(?)あっと言うまに婚約までしちゃう社長と言うのも、いくらいろいろと崇高な思いのある企業家であっても実際これじゃどうなの~っと思いましたが(笑)(扮するエドワード・バーンズにしてもなんか冴えない役どころよね)、そして、とりあえず自分の気持ちは押し殺し、妹の幸せのために嫌とは言えずまた甲斐甲斐しく世話しちゃうジェーンが、亡き母の形見のウエディングドレスを妹が好きなように勝手にリフォームしちゃったことでブチキレて、これまでのその鬱憤を全てぶつけるのがいきなりあのパーティーの席上ですか・・・って言うのもいくらなんでも無理があるような気もしたり・・・。(なんたって、いちおう相手は愛すべき妹ですしね。)
記事絡みもありくっついたり離れたりの忙しいジェーンとケビンの様子はラブコメの定番ですかね。記者ケビン役のジェームズ・マースデンもそつなくキャサリン嬢の相手役務めてました。
スポンサーサイト
【 2009/07/20 (Mon) 】 タイトル(さ~そ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。