Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アレックス・ライダー

WOWOWで鑑賞。

アレックス・ライダー [DVD]アレックス・ライダー [DVD]
(2008/02/22)
ユアン・マクレガーアレックス・ペティファー

商品詳細を見る


これまたどれだけ前に録画したまま放置してたんだろう・・・って感じですが、やっと攻略^_^;
たしかこれは劇場公開当時にも、ちょっと観に行きたかったんですけどね、やはり観そびれましたし。
なんでも、元はイギリスのベストセラー小説らしく、出演者にもUKな俳優さんが揃ってます。
早い話が、なぜか”中学生”諜報員誕生!って感じなんですが・・・。

海外出張の多い銀行員の叔父と暮らす少年アレックス君。出張から叔父イアンが戻るのを待っていると、届いたのは、イアンの交通事故死の報。悲しみにくれ、住み込み家政婦ジャックに付き添われイアンを埋葬したアレックスに接触してくる組織が~。実は、イアンは銀行員ではなく、MI-6の諜報員で、もちろんただの交通事故死ではなかった。そして、組織は、任務途中で非業の死を遂げたイアンに代わって、その甥アレックスを鍛え潜入させようとする。
駅構内の証明写真のスタンドからアレックスが導かれるように案内された先が、ホグワーツではなくて(笑)地下のMI-6の秘密基地だったり、玩具みたいなスパイのアイテムが登場したりする。
・・・っと、もちろん無茶な話ではあるのですが(やはり随所にコメディタッチな部分も多しだしね^_^;)、まぁまぁ面白かったデス。
悪役には、近年何気に復活しているミッキー・ローク。(でもじゅうぶん怪しい(爆)。)
MI-6の上司には、ビル・ナイさん。なぜか日本語までチョット喋り、魚もさばく若い家政婦ジャックにはアリシア・シルバーストーン。(久々に観た気がする・・・この人誰だっけ誰だっけ~っと、すぐ思い出せなかったもの^_^;)
元の小説はもちろん何編もあるんでしょうが、とりえず映画のほうはこの一作だけみたいですねぇ。
アレックス君はそりゃもちろんなかなかなUK美少年ではあるのですが、できることなら、冒頭のチョットの部分にしか登場シーンのない、その叔父イアンである、ユアン君(*^_^*)を復活させてもらって(実は死んでなかった~っとかね。(それじゃぁ”24”か(笑))、ともにスパイ任務に励む続編っつうのでも見たかったデス。あれだけじゃぁ、あまりにもチョットなんですもん、残念。
スポンサーサイト
【 2009/08/12 (Wed) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。