Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

風が強く吹いている

劇場鑑賞。

風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)
(2009/06/27)
三浦 しをん

商品詳細を見る


↑原作本。

お正月の恒例と言えば・・・な箱根駅伝を舞台にした原作の映画化。なんでもコミックやラジオドラマ、舞台化もされているらしい。まぁ、全編に渡って、当然ながら練習や本番も含めてひたすら走って走って・・・なので、映画化はともかく、この舞台化ってえらく大変っつうか、想像できないんだけど、どうやってたんだろうかねぇ、やっぱ舞台上でひたすら走ってたのかしら~?っと素朴な疑問^_^;。

で、根っから運動系には縁が無いので、もうずーーーっと昔など、この箱根駅伝のコースの名所のようなまさに沿道に長年住んでいたこともあるにも関わらず、あーーーー走ってるなぁ~頑張るなぁ~っと思うくらいで、特にそれほどの関心もなかったのだけれど、娘の通う大学が絡むようになってからのここ数年は、何かと順位も気にしながら毎年正月にTVに声援を送っていると言う単純さ(爆)。

大学の弱小陸上部が、その4年生の”ハイジ”の野望(爆)によって、まさかの箱根駅伝出場を目指すと言う青春ドラマ。
まぁもともとハイジは着々と駅伝出場に向けての構想は練っていたらしいが、ようやくそこに1年生の”カケル”が駒として加わったことから、たった10人、部員全員が走者、控え無し~っと言う状態で本気で箱根を目指すことに。

ハイジ役の小出君、もうさすがに現役大学生じゃないだろう・・・って年齢だとは思うけど(爆)、でも部員全員を引っ張っていくリーダーとして大活躍。
ホントにしっかりとリーダーなので、ちょっとやけに落ち着いてると言うか冷静と言うか、もうちょっとチャラい(笑)具合な小出君のキャラのほうが魅力的なのにな、っと思うくらいだけど、まぁイイか。
そして、見事な走りっぷりのカケル役の林君は、これまでも各スポーツ系の映画等に次々~みたいですねぇ。彼の走る姿の美しさと言うのは、まぁたしかにいかにもそうゆう風に撮ってあるのだろうけれど、ホントに素人目にもキレイでしたよー。
他にも、どっちが兄で弟なのだかいまだに区別付かない(笑)斉藤双子兄弟とか、あのソフトバンクCMのダンテさんなど、個性的な10人が配されてるのだけれど、そうそう、見終わってからやっと気付いたのが、その中のユキ役の森廉君。あの名子役(怪奇倶楽部等の小っちゃい子だよねぇ)だったんだーーーっとわかった時は、ホントびっくり!まぁたしかに面影は残ってるっちゃ残ってるけどね、こんな大きくなっちゃったんだーーーー(爆)。

予選会出場、そしてギリギリ通過であっても見事本番箱根駅伝出場~っと言うドラマチックな展開。
まぁ、ただ襷を繋ぐだけではなくて、復路一斉スタート組であるにも関わらず、そしてゴール近く大手町あたりでアンカーが慢性故障をおしての強行出場なだけに、なんと剥離骨折って言ってたっけ?走るのも歩くのもままならないような状況でのゴールインでシード権獲得できるほど、箱根駅伝は甘くないだろう~っとは思ったけど、でも、小出君も他メンバーもとっても素敵だったのでOK(爆)。
スポンサーサイト
【 2009/11/14 (Sat) 】 タイトル(か~こ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。