Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アンノウン

WOWOWにて鑑賞。

アンノウン [DVD]アンノウン [DVD]
(2012/04/25)
リーアム・ニーソン、ダイアン・クルーガー 他

商品詳細を見る


学会出席のために妻とベルリンを訪れたハリス博士。一旦はホテルに到着するも、荷物を一つ空港に忘れたことに気付き急ぎ単身でタクシーで戻ろうとするが、途中事故に遭遇、昏睡状態のあと意識を取り戻すが、自身の記憶がかなり曖昧。やっと部分的に思い出しホテルに戻るが、そこには、全く別の男が自分を名乗り存在していて、妻さえも自分のことを他人だと・・・。事故後の曖昧な記憶もあって、自分が誰であるかの自信すらなくしかけるが~。

旅先で、妻の知らないうちに交通事故に遭って昏睡状態・・・でも、気付くまでにとりあえず数日間なのだから、その間に、全くの別人が自分として存在しそれを妻も認めていると言うのが、そもそも作為的、もしくは本人がイカれたか・・・のどちらか、ですよねー。っと、どう展開していくのかと思ったら、けっこう早い段階で、博士の命を狙ってくる者が。ってことは陰謀説なんだろうなーっと思いながら、たまたま彼が命拾いをするのに手助けしてくれた女性タクシードライバーにまた協力してもらいつつ、逃走&真相究明へと立ち向かって行くのだけど、植物博士にしては、暗殺者相手にかなり対等に闘うし、カーチェイスにしてもなかなかの凄腕。ここらで彼(リーアム・ニーソン)の「96時間」を彷彿としましたよ。あ、でもアレでは元CIA役だったんだがなぁー、今回は、かなり闘える植物学者なのか~?・・・・っとの疑問は、その後の展開、真相のタネあかしで納得デシタ。(爆)

残る疑問は、本来の自分が判明した段階で、悪人→善人(?)へ特に葛藤もなく移行しちゃったことですが・・・
ま、イイでしょう、なんせリーアム・ニーソンなんだからー。(^_^;)
スポンサーサイト
【 2012/09/16 (Sun) 】 タイトル(あ~お) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。