Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドメスティック・フィアー

(2003年10月鑑賞ぶん:転記)

ドメスティック・フィアー スペシャル・エディション ドメスティック・フィアー スペシャル・エディション
ジョン・トラボルタ (2006/08/11)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
この商品の詳細を見る


両親の離婚後、母とともに暮らすが
母に新しい恋人が出来たこともって
より情緒不安定気味を増す反抗期の少年ダニー。
日頃から問題行動も多いらしく警察にも迷惑をかけているようで
そのことがこれから起きる事件に災いしてしまう。
母の新しい恋人リックは実業家でその地に来てはまだ間もないようだが
買収の手腕もあり地元の名士になろうとしていた。
あまり流行らない木製の造船を営む実父フランクは、
その飲酒が原因となりどうやら離婚となってしまったらしい。
でももちろんいまだにフランクとダニーの絆は深くダニーは慕っている。
ついに母と恋人リックが再婚、家で行なわれるパーティーにどうやら新郎に招かれざる客が・・・。
そして偶然リックの殺人を目撃してしまうダニー。
即座に警察に事件を報告するが、日頃の彼の行いが災いして
しかも相手が若き名士となろうとする人物とあっては信用されない。
唯一フランクだけが彼の言葉に耳を傾けるが
真相を隠そうとするリックは、卑劣にもダニーを脅し・・・。
まぁそもそも、いくら相手が新進実業家で地元の名士になりそうな男だと言っても
なにぶんにもあきらかに他所から移ってきたばかりの者なんでしょう?
過去もさほど調べることもなく再婚し、さらに問題児ぶりが災いしてるとは言っても
息子の言うことにまるで耳を傾けない母親ってのも、チョットねぇ。
だいいち、事件直後に犯行現場のレンガ工場だっけ?
結局捜査はわりと手抜きだったみたいだし
科学捜査もチラッと提案されてたみたいだけど、すぐ却下になってたし、
そうよね~ココでCSIなんかが綿密に調べたらきっとすぐバレてただろうに、
車の血痕だってチャチャっとふき取っただけでしょう?(爆)
トラちゃん相手に憎々しげな悪役をやれるって言ったら、
まぁそんなに多くは居ないかもね、ヴィンス・ボーンは無難な路線。
スポンサーサイト
【 2006/06/15 (Thu) 】 タイトル(た~と) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。