Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

完全犯罪クラブ

(2004年4月WOWOWにて鑑賞ぶん:転記)

完全犯罪クラブ 完全犯罪クラブ
サンドラ・ブロック (2006/04/14)
ワーナー・ホーム・ビデオ
この商品の詳細を見る


だいぶ前にレンタルで攻略済みなのだけれど
(気が付けばアップはサボってるし・・(^^;;;)
またWOWOW放映で再鑑賞。
サンドラ・ブロック主演のクライムサスペンスもの。
なんでも物語のベースには実話があるらしいが、
同じ高校の思いっきりタイプの違う二人の少年。
かたやリッチで人気者(でも性格悪そう~)
かたや根暗でオタクな変人。
およそ接点はないし、ふだんはむしろ反目しあってるようにすら見える二人に隠された秘密。
そして彼らの手によるまるでゲームのような”完全犯罪”の遂行。
その事件解決に、おおかたの捜査陣がすっかり騙されようとしている時、
持ち前の勘によって、彼らから目を離さなかった女刑事キャシーが
サンドラ・ブロック。
「デンジャラス・ビューティー」では、鼻を鳴らしながら笑い(爆)
コミカルな捜査官を演じていたサンドラが、
今回は自らもトラウマを抱えるベテラン刑事役をシリアスに演じていました。
(まぁでも、彼女個人のトラウマな過去のいきさつのほうは、
なんかあんまり必要あったのかどうか・・・な設定)
二人の少年役の、ライアン・ゴズリングとマイケル・ピットが、
それぞれ異彩を放ってましたね~。
そそ、それとサンドラにイイようにあしらわれてしまう新米刑事役のベン・チャップリン。
やっぱりホントに彼って、主演女優を邪魔しない共演者だわねぇ~っと
ニコールの「バースデイ・ガール」の時にも思いましたが
今作でも思いました。
スポンサーサイト
【 2006/06/15 (Thu) 】 タイトル(か~こ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。