Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

殺人の追憶

(2004年9月鑑賞ぶん:転記)

殺人の追憶 殺人の追憶
ソン・ガンホ (2006/06/23)
アミューズソフトエンタテインメント
この商品の詳細を見る


この作品、公開時に観たかったんですが、
上映時間が予定と合わなくて見逃したので
DVDレンタルを待ってました。
1980年代に実際に韓国の田舎町で起きた連続猟奇殺人事件を元にしてあるため、
ほとんどの部分がセピアっぽい色使いになって描かれてます。
最後の部分が現代になるので、やっとそこで色が出てくる感じ~。
で、なんで殺人の”追憶”なんだろう・・・?
・・・っとずっと見ながら思っていたのも
この最後の部分で納得しました(たぶん)。

ところどころにチョット~これってコメディ?っと思えるようなタッチがあるのも、
全体を陰惨な事件が貫いているので、まだ少しは息抜きな部分になったかなぁ。
少し前に観たやはり韓国映画な「H」は、もう全編重苦しい~雰囲気で辛かったですもん。
(またこれは後日アップしないとなぁ)

存在感タップリなおなじみソン・ガンホと組むことになる
もう一人の刑事にキム・サンギョン。
私はこのかたは、たぶんこれまで観てないような気がしましたが
最初はなんだかあんまりパッとしない感じだったのが
中盤からだいぶ頑張ってたように思います。
なんたって相手はソン・ガンホですもんね、強力な個性デス。

日本語吹き替えでも観たのですが、
ソン・ガンホ=山路和弘
キム・サンギョン=小山力也 なんですよ~。
山路さんの声は、なんとなく合ってるかな・・って気がしたけど、
小山さんじゃぁないだろう・・・って感じデシタ。
もチット若い感じのする声のほうが良かったんじゃ?

音楽は、日本のドラマや映画で活躍する岩代太郎氏が担当してました。
けっこうイイ感じでした。
スポンサーサイト
【 2006/06/15 (Thu) 】 タイトル(さ~そ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。