Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゼロ・トレランス

(2003年9月WOWOWにて鑑賞ぶん:転記)

ゼロ・トレランス ゼロ・トレランス
ヤコブ・エクルンド (2002/06/19)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


スウェーデン映画。
クリスマスの夜、一人の刑事ユーアンが偶然まさに宝石店強盗に遭遇。
果敢に逮捕に立ち向かおうとするが、反撃にあい、
しかも犯人グループとの攻防で周辺の一般人に犠牲者を出してしまう。
それでも目撃者も複数いることから、現場から逃亡した男が判明するのだが、
組織のボスのような存在。
証言者を直接脅してみたりして犯行を全面否認。
しかもなお食らいつく刑事には、過剰な暴行を受けたと事件をでっちあげ、
逆に追い込んでしまう。
宝石店強盗自体も、既に現場でユーアンに射殺されてしまった犯人のひとりが
別の意図で殺人目的で偽装で行なったことで、
その方面からアシがついて捜査されるわけでもない。
収監されてしまった刑事は、隙をみて逃亡し、犯人に孤独な闘いを挑む。
もちろん最初に犯人の凶悪さ卑劣さが既にわかっているわけで
あとは、自身が追われる立場になってしまった刑事が
どうやって立ち向かっていくか・・・なんだけれども、
捜査陣の情報が犯人側に漏れていることなど、警察内部にスパイが居ることも匂ってくる。
なにぶんにもスウェーデン映画なので、地味だし(^^;
有名そうな俳優陣も特にいなかったわけだけど、
なにげに渋く面白かった。
かなりB級なハリウッド映画の刑事アクションもの観るより絶対面白いね。

そして同夜、この続編となる「エグゼクティブ・プロテクション」も放映と
なっていたのだが、他のドラマとの関係上、途中からしか観れなかった・・。
(でも再放送が7日早朝にある模様(^_^)v)
それでも中盤以降を観てしまったわけだけど、前作に増して面白かったよ~。
主役のユーアンなど前作に引き続きの人もいるし、
なんと悪役にはドイツTVシリーズ「ヘリコップ」で活躍してたクリストフ・M・オールトが!!
スポンサーサイト
【 2006/05/15 (Mon) 】 タイトル(さ~そ) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。