Cinema Blog

BIBIの映画の鑑賞記録デス
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

T.R.Y.

(2003年7月鑑賞ぶん:転記)

T.R.Y. T.R.Y.
織田裕二 (2005/07/06)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る


織田裕二主演。
舞台は20世紀初頭の中国は上海。
世界を股にかけて天才的な詐欺の腕を発揮する伊沢が織田の役柄。
大物悪徳武器商人を相手にしちゃったために恨みをかい、
詐欺がバレて投獄されてからも、その刺客に狙われたりもする。
そこで命を救ってくれたのが中国革命の若きリーダーで・・。
まぁ、詐欺師なんだけども、正義感もそれなりに、
でもそこまで体を張って正義のために~~ってタイプでもなかった伊沢が
(危なくなったらとことん逃げる~をモットーにしてた感じだもんねぇ)
彼らの熱い想いに最初は渋々?(爆)そのうちしっかり連帯していって・・。
中国革命家、詐欺師仲間の韓国人やら、
伊沢の命を狙う刺客、日本軍のエリート策略家がいたり~っと
演じるメンバーも国際的、革命のもとに集まる群集などもホントに多勢で
その人海戦術などもたしかに圧巻なんだけど、
なんだかいまひとつテンポが緩い・・・ような。
詐欺師、ペテン、どんでん返し~~っと言ったら、
やっぱりハラハラドキドキのスピードが勝負でしょう~。
原作で読んでるぶんには味わえるのかもしれないけど、
映像で出してくれて、こうモターっとした感じじゃ、そこが・・・。
特に年代ものをやると、どうしても全体のトーンが渋めになるので
モターっとされてると、眠くなるのよねぇぇ~~(^^;;;
伊沢をつけ狙う刺客にしても、最初の頃は、グッと迫ってきてたけど
最後はやけにあっけないし~~。
うーーーむ、何かが物足りない感じデシタ。

スポンサーサイト
【 2006/05/15 (Mon) 】 タイトル(英字・数字) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。